ASTRO、10ヶ月ぶりのカムバック「グループとして相乗効果を発揮する」

Newsen |

写真=チョン・ユジン
ASTROが10ヶ月ぶりに活動を再開した感想を伝えた。

ソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールで20日、ASTROの6thミニアルバム「BLUE FLAME」の発売記念ショーケースが行われた。

ASTROは6thミニアルバム「BLUE FLAME」でカムバックした。今回のアルバムは、高温で見られる青い火花のように情熱で限界を越えるというASTROの意志を盛り込んだアルバムだ。

この日、メンバーのユン・サナは「10ヶ月ぶりのカムバックでかなり緊張してワクワクして、心配していますが、たくさんのファンがカムバックを待って下さっていると思います。早くカムバックしてファンに会いたいです」とコメントした。

チャ・ウヌは「久しぶりにカムバックしたので、その分タイトル曲の曲名のように青く熱く燃える活動を披露したいです」と語った。

ジンジンは「それぞれ個人的な活動が多かったので、今回のアルバムを準備する過程でかなり相乗効果が発揮されたと思います。今回の活動にも期待していますし、ファンに会うことを考えると楽しみです」と話し、ラッキーも「これまでの間、ソロ活動もありましたし、僕たちなりに最善を尽くして個人の力量を引き上げようとしてきました。久しぶりにメンバー全員そろって相乗効果を発揮できることに期待しています」と伝えた。

ASTROの6thミニアルバム「BLUE FLAME」は本日(20日)の午後6時より各音楽配信サイトを通じて公開される。

記者 : イ・ハナ