カン・ハンナ、tvN ドラマ「耳から血が出る女」主人公に抜擢…視聴者に伝えるメッセージとは?

Newsen |

写真=Fantagio
女優カン・ハンナがtvN「ドラマステージ2020」の作品「耳から血が出る女」のヒロインに抜擢された。

カン・ハンナの出演が決まったtvN「ドラマステージ2020」の「耳から血が出る女」 はある日、突然聞きたくないことを聞くと、耳から血が出るようになったキム・スヒ(カン・ハンナ)の話だ。社会というジャングルから生き残るための嘘という保護色をなくした平凡のように見えて、平凡ではない女性の日常を描く。

カン・ハンナは劇中で「今日一日だけ無事に過ごそう」という信念を持って生きていく会社員キム・スヒを演じる。恋人との関係でも別れを決心するほどの大事件はなく、人生の中のひとつの課題を解決するかのように結婚を進めるキム・スヒはある日を境に耳から血が出るようになってしまい、平凡な人生は終わりを告げる。この過程でキム・スヒは、自身を振り返るようになる。カン・ハンナはキム・スヒを通じて普通の人生を生きていく私たちの心を代弁し、胸がスカッとする話を届けてくれる予定だ。

ドラマとバラエティで大活躍しているカン・ハンナは、バラエティでは爽やかなトークと気さくな姿を、ドラマでは魅力的なキャラクターと安定した演技力を披露し、視聴者から愛された。

特にドラマ「ただ愛する仲」「60日、指定生存者」などを通じてクールなチャドニョ(冷酷な女性)の姿から強烈なカリスマ性を誇る国家情報院の要員まで様々なキャラクターをこなし、視聴者を魅了した。そんなカン・ハンナが「耳から血が出る女」のキム・スヒになり、現代を生きる人々に伝える強烈なメッセージに期待が高まっている。

tvN「ドラマステージ2020」の3番目の作品「耳から血が出る女」は、韓国で12月7日の午後9時に放送がスタートする。

記者 : イ・ミンジ