アン・ジェヒョン&オ・ヨンソ主演、新ドラマ「瑕疵ある人間たち」予告映像第2弾を公開…放送前から爆笑を予告

OSEN |

写真=ACE FACTORY
ドラマ「瑕疵ある人間たち」が予告映像第2弾を公開し、本放送への期待を高めた。

本日(18日)、MBC新水木ドラマ「瑕疵ある人間たち」は、予告映像第2弾を公開した。

「瑕疵ある人間たち」はイケメン嫌悪症の女性と外見に執着する男性が、互いの激しい外見への偏見と誤解を克服し、真の愛を探していく過程を描くコミカルな恋愛ドラマだ。

先日、挑発的な魅力で視聴者の好奇心を刺激した予告映像第1弾に続き、今回公開された予告映像第2弾ではオ・ヨンソとアン・ジェヒョンが劇中人物の個性を余すことなく表現し、爆笑を誘った。

イケメン嫌悪症の女性チュ・ソヨンを演じるオ・ヨンソは酔っ払ったように真っ赤な顔で「イケメンはもううんざり」と叫びながら登場し、最初のシーンから強烈な印象を残した。続けて「僕、イケメンだろう」と言うアン・ジェヒョンの姿にうんざりすることはもちろん、思い出すことさえ嫌だと言っているかのようにため息をつき、酔っ払ったように横になる姿を見せ、二人の興味津々な恋愛模様への期待を高める。

アン・ジェヒョンは過去のトラウマによって外見に執着するようになると共に過敏性腸症候群にかかったイ・ガンウに扮し、予想外の場所であるトイレで「あの女、あの女のせいだ」と怒りで震え、爆笑を誘う。特に「あなたは背が高くてイケメンだからいや」と叫ぶソヨンの姿に状態がさらに悪化したようにトイレットペーパーを荒く使用する姿は今まで見たことのない姿を予告し、期待を高めた。

このように「瑕疵ある人間たち」は二人の男女の強い偏見と平凡な日常の愉快さを描き、今冬お茶の間を盛り上げる新しいラブコメディの誕生を予告している。これにお互いを極度に嫌う二人がどのように絡み合うのだろうか、視聴者の期待を高めている。

「瑕疵ある人間たち」は「偶然発見した一日」の後番組で、韓国で27日の午後8時55分に放送がスタートする。



記者 : ヨン・フィソン