「偶然発見した一日」SF9 ロウン、再びキム・ヘユンの運命を変える

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「偶然発見した一日」放送画面キャプチャー
SF9 ロウンがキム・ヘユンの設定値をもう一度変えることに成功した。

14日に韓国で放送されたMBC「偶然発見した一日」では、ハル(ロウン)がタンオ(キム・ヘユン)の設定値を変更する姿が描かれた。

この日、ハルはドファ(チョン・ゴンジュ)に「ステージを変えなきゃ」と言った後、二人は一緒にタンオが入院した病院に向かった。

ロウンは白衣をこっそり盗んで、ドファの兄イ・ジュファ(ユン・ジョンフン)の部屋に入って、タンオに関する診療チャートと、他の人のチャートを交互に見ながらステージを変えようと決心した。

その瞬間、ステージが展開され、タンオはドファの兄である医者ジュファに話を聞くためオフィスに向かった。タンオは「やはり私が死ぬのか。手術をしなければならないか」と不安に思った。しかし、タンオは手術をしなくてもいいという希望のある話を聞いた。これに対して、タンオは驚いた。このことを聞いたペクギョン(イ・ジェウク)は、「君は僕のそばを離れるな」と言ってタンオを抱きしめた。続いて「あいつが君を殺す」とし、ノウゼンカズラを見せた。

これに対して、タンオは「どこからどこまでが作家が描いたものだろう。私は誰だろう」と悩んだ。ハルはステージが変わったことを確認して胸をなでおろした。しかし、「どうしてつい不安になるのだろう」と独り言を言った。一方、設定値が変更されたことを知ったチン・ミチェ(イ・テリ)は「また変えた。私みたいに」とし、自分の過去を振り返った。

記者 : チョン・ミヨン