女優パク・ハソンの弟、急性心筋梗塞で11月12日に死去…早い別れに哀悼の声相次ぐ

Newsen |

写真=Newsen DB
女優パク・ハソンの弟が死去したことが伝えられ、ネットユーザーから哀悼の声が続いている。

パク・ハソンの所属事務所キーイーストは11月14日午後、Newsenとの取材で「パク・ハソンの弟が12日、急性心筋梗塞(心臓麻痺)で死去した。出棺は14日に行われた」と明らかにした。弟の訃報を聞いた後パク・ハソンは、夫のリュ・スヨンと一緒に葬儀場にいるという。

パク・ハソンは、これに先立って発達障害を持つ2歳年下の弟への愛情を表した。2017年4月に韓国で放送されたJTBC「キム・ジェドンのTALK TO YOU-心配しないで あなた」に出演したパク・ハソンは「私の弟が子供の頃、たくさん家出をした。私の弟は少し障害を持っている。ドアを閉めておかないと家を出て行ってしまう」と打ち明けた。

写真=「キム・ジェドンのTALK TO YOU-心配しないで あなた」放送画面キャプチャー
また「家がソウルだったが、家出したら浦項(ポハン)や釜山(プサン)で探し出したこともあった。その度に警察の方々が一日、二日かかって見つけてくれた。一日、二日以内で見つけることができれば、そんなに遠くに行かないうちに見つけることができる。警察の方々には本当に感謝している」と伝えた。

弟への愛情が格別だったため、ネットユーザーたちの切ない気持ちも大きかった。パク・ハソンの弟の死去のニュースが報道されると、多くのネットユーザーたちは「あまりにも若い年齢で残念だ。安らかに眠ってください」「故人のご冥福をお祈りします」と哀悼の意を表している。

パク・ハソン、番組で障害を持つ弟のエピソードを告白…“警察は温かい人たちだと思う”

「平日午後3時の恋人」パク・ハソン“出産後のドラマ出演…改めて女優は天職だと感じた”

記者 : パク・スイン