オ・チャンソク&ソウ主演、ホラー映画「ザ・ハウス」12月12日に公開決定

Newsen |

「ザ・ハウス」が12月12日に韓国での公開を決定した。

妊娠中に別荘を訪れた夫婦が見覚えのない痕跡を発見し、始めて直面する隠された過去を描いたホラー・ミステリースリラー映画「ザ・ハウス」は、12月12日の公開を決定し、恐ろしい雰囲気が漂うのメインポスターを公開した。

「ザ・ハウス」は、最も安全だと思っていた家で発生するミステリアスな事件を通じて、観客に忘れられない恐怖を予告し、多くの関心を集めている作品だ。特に、最近ドラマ「太陽の季節」とバラエティ番組「恋愛の味」で出口のない魅力を見せている俳優オ・チャンソクと、美しいビジュアルに隠されたギャップのある魅力を披露している女優ソウが夫婦役として共演し、期待を集めている。

公開された「ザ・ハウス」のメインポスターには、幸せな結婚生活を夢見る夫婦が家で経験する恐ろしい恐怖に怯える表情を見せており、注目を集めた。

まず美しいが、どこか不気味な雰囲気を醸し出す別荘は、予備観客の注目を一気に集める。このような家を背景に、お互いを頼り、体を寄せ合っている夫婦には、切ない雰囲気と同時にミステリアスな雰囲気が漂い、好奇心をくすぐる。

初出産を控えた妻ビル(ソウ)の怯えているような表情と、唖然とした表情で遠くを眺める夫ジュンウィ(オ・チャンソク)の相反する姿は、これから経験する大きな恐怖を予告している。

特にお互いにささやくようなビルの「ここから抜け出さないと」というフレーズと、ジュンウィの「僕が最後まで守るよ」というフレーズは、止まらない恐怖の中で、果たして夫婦はどんな結末を迎えることになるか、好奇心を刺激する。

ホラー・ミステリースリラー映画「ザ・ハウス」は、12月12日に韓国で公開される。

記者 : パク・アルム