防弾少年団から少女時代 テヨンまで「MMA 2019」今年最も愛されたアーティストTOP10を発表

Newsen |

写真=「MMA 2019」
カカオが運営するミュージック・プラットフォームMelOnが、11月30日開かれる韓国最大の大衆音楽授賞式「MMA 2019 Imagine by Kia(メロンミュージックアワード、以下、MMA 2019)」のTOP10を発表した。MMA TOP10は、一年間MelOnで最も愛されたアーティスト10人(組)を意味する。

10月30日から11日13日まで行われた1回目の投票で選ばれた「MMA 2019」 TOP10は、EXO、MAMAMOO、防弾少年団、赤頬思春期、M.C the MAX、Jannavi、Busker Busker チャン・ボムジュン、I.O.I出身キム・チョンハ、少女時代 テヨン、Heize(アルファベット順)である。様々なジャンルの音楽を披露し、全世代から愛されているアーティストたちが名を連ねて注目を集めた。

今月29日0時まで、部門別受賞者を選定する2次投票を行う。投票部門は、主要賞(アーティスト賞、アルバム賞、ベストソング賞、新人賞)、ホットトレンド賞、ネットユーザー人気賞、ミュージックスター賞(バラード、ラップ/ヒップホップ、ダンス(男/女)、R&B / Soul、ロック、トロット(韓国の演歌)、インディーズ、OST(劇中歌)、POP)であり、カカオ・ホットスター賞は別途行われる。

MMAは、MelOnの会員なら誰でも期間内であれば投票に参加することができる。また、MelOn会員の利用データをもとに、ファンの投票と専門家審査を通じて受賞者を選定する。

毎年超豪華ラインナップと想像を超える舞台演出で世界のK-Musicファンたちの注目が集まるMMAらしく、今年もラインナップが公開される前から高い関心を集めている。これを証明するかのように「MMA 2019」のチケットは、オープン当日に同時接続者200万人、3分で完売を記録した。

「MMA 2019」は11月30日にソウル高尺(コチョク)スカイドームで盛大に開催される。

記者 : ファン・ヘジン