「100日の郎君様」ド・ギョンス(EXO-D.O.)“最近ハマっていること?メンバーに料理を作って…”

KSTYLE |

写真提供:NHKエンタープライズ

胸キュン度満点のロマンチック・ラブコメ時代劇「100日の郎君様」のDVDが、現在好評発売&レンタル中。本作は、完全無欠の冷徹世子から生活力ゼロの無能男子に転落した主人公と、婚期を逃したワケありヒロインが繰り広げる超話題作となっている。今回日本でのDVDリリースを記念して、主演ド・ギョンス(EXO-D.O.)さんのオフィシャルインタビューが到着! 撮影エピソードからオフの日の過ごし方まで、語ってくれた。

さらにド・ギョンス(EXO-D.O.)さんから直筆サイン入りポラも! 抽選で2名様にプレゼント。

ド・ギョンス(EXO-D.O.) 直筆サイン入りポラのプレゼント概要は記事下をチェック!

――まずは、本作の役柄について教えてください。

ド・ギョンス:「100日の郎君様」では、高慢な王子イ・ユルと、まぬけなウォンドゥクの二役を演じました。

――本作に出演を決めた理由は?

ド・ギョンス:台本がすごく面白かったんです。そして、イ・ユルとウォンドゥクの二役を演じてみたいと強く思いました。過去に演じた役とは、また違った姿をお見せできると思ったので出演を決めました。

――台本を初めて読んだ時の感想は?

ド・ギョンス:すごく面白かったです。王宮でのエピソードは少し暗いですが、ソンジュヒョンの村の話は面白くて「早く演じたい」と思いました。台本を読んで「早くこの村に行きたい」と感じました。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――時代劇に初挑戦されましたが、いかがでしたか?

ド・ギョンス:時代劇は初めてなのでとても緊張しました。セリフ回しや、時代劇特有の演技が難しくて、監督や脚本家さんとも何度も話し合いました。撮影では、乗馬や剣術のシーンなどもあったので、それらもアクションスクールの先生や乗馬の先生と話し合いながら撮影をしていました。

――現代劇の演じ方とはどう違いましたか?

ド・ギョンス:慣れていないのでぎこちなかったですが、時代劇の撮影は新鮮でした。昔の人が暮らした家や衣や道具を見るだけでも、とても勉強になりました。新しい発見が多く、楽しみながら撮影することができました。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――ドラマは韓国でも大好評でしたが、ご自身が考えるヒットの理由は何ですか?

ド・ギョンス:何よりもストーリーが面白いことです。そして、映像の美しさと共演者の皆さんの多彩な演技も、ヒットの理由だと思います。

――イ・ユルとウォンドゥクの一人二役ですが、演技で気をつけた点は何ですか?

ド・ギョンス:イ・ユルとウォンドゥクは、結局は同一人物ですよね。なので演じる時は違った芝居をするのではなく、1人の人物として演じました。王宮とソンジュヒョン2つの舞台があり、それぞれの登場人物たちが、イ・ユルとウォンドゥクの違いを際立たせてくれました。

――イ・ユルとウォンドゥク、ご自身と似ているのはどちらですか?

ド・ギョンス:僕自身と似ているのは、ウォンドゥクのほうが似ている点が多いです。イ・ユルの場合、男らしいところは似ていますが、気位が高いところは僕とは違います。ウォンドゥクの場合は性格が似ていますね。まぬけなところ以外は僕自身と似ています。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――撮影が始まったばかりの最初の現場は、どんな雰囲気でしたか?

ド・ギョンス:共演者の皆さんはとても優しい方ばかりで、現場は和やかな雰囲気でした。すぐに皆さんと親しくなりました。

――撮影中の面白いエピソードはありますか?

ド・ギョンス:印象的なのはポグン役のイ・ジュニョクさんと撮影したシーンです。ジュニョクさんはアドリブが多く、予想外のセリフを話すので、思わず笑ってしまいました。十数回もNGを出す日もありました。とても面白かったですが、大変でした。

――コミカルなシーンが多いですが、笑いをこらえて撮影を?

ド・ギョンス:笑をこらえるのが大変でした。イ・ユルとウォンドゥクはあまり笑わない役ですが、それとは逆に村人たちはとても明るいですよね。それで、どうしても笑ってしまって、たくさんNGを出しました。笑いをこらえきれず、何度も撮り直しました。

――アクションも多く、馬術も剣術も見事でした。撮影前にもたくさん稽古されたのでしょうか?

ド・ギョンス:実は、事前に稽古をする時間は多くありませんでした。空き時間を見つけて練習し、現場で指導を受けることが多かったです。馬術も現場で練習して、アクションも現場でリハーサルをしました。


キスシーンの撮影エピソードは?

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――ヒロインとなるホンシム役のナム・ジヒョンさんの印象はいかがでしたか?

ド・ギョンス:お会いする以前から、明るくて優しそうな人だなと思っていました。第一印象もイメージどおりでした。明るく、はつらつとしていて、周りの人たちに元気をくれる方なんです。彼女は子役の頃から芝居をされているので、彼女を見て学ぶ点も多かったです。お芝居の先輩なので、彼女を見習いながら、一緒に楽しく演じることができました。

――ナム・ジヒョンさんと共演してみていかがでしたか?

ド・ギョンス:とてもやりやすかったです。いつも笑顔でつらそうなそぶりは見せず、周囲への配慮を欠かしません。

――特に印象に残っている共演シーンは?

ド・ギョンス:個人的に印象に残っているのは、ウォンドゥクの誕生日です。村人がドッキリを仕掛けるんですが、皆さんがドッキリのシーンをリアルに演じてくれました。「いたずらが過ぎる」と言って、ホンシムが腹を立てる、厨の場面が印象に残っています。「案ずるな、何があっても」「そばを離れぬ私は夫だから」というセリフを言うシーンが、記憶に残っています。セリフも美しく、ホンシムとウォンドゥクの切ない気持ちが表れていて、とても印象に残っています。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――ホンシムのような女性をどう思いますか?

ド・ギョンス:ホンシムの性格はとてもしっかりしていて、自分の意見をはっきり言うキャラクターです。初めは怖い物知らずだと思ったんですが、後半では思いやりにあふれている、ホンシムの姿から多くのことを学びました。ホンシムはとても優しいです。なので脚本家の書いた、ホンシムという人物は、見習うべきことの多いキャラクターだと思います。

――初めは心を閉ざしていたのに、ホンシムを守りたいと思うようになります。ウォンドゥクから見たホンシムとは?

ド・ギョンス:ウォンドゥクから見たホンシムは“しっかりしていて、荒っぽい女性”最初はそんなイメージでした。ですが村人に対する思いやり、そして人情、そして身をていして人に尽くす勇気ある姿、ウォンドゥクは彼女のそんなところに魅力を感じ、ひかれました。

――美しいと評判のキスシーンがありましたが、いかがでしたか?

ド・ギョンス:撮影時はNGも少なく、ジヒョンさんとの息も合っていた気がします。あのキスシーンがどうすれば画面に美しく映るか、撮影前に何度も考えました。きれいに撮れたのは監督と撮影監督のおかげです。ジヒョンさんとも演じ方についてたくさん話し合いました。おかげで美しいシーンになったと思います


EXOメンバーの反応は?「モノマネをしたり…」

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――ジェユン役のキム・ソノさんとの場面がとても面白かったです。撮影中のエピソードを教えてください。

ド・ギョンス:ソノさんとは息がぴったりでした。事前に打ち合わせをした演技よりも、その時の流れで演じた場面が多かった気がします。打合せはしていないのに、芝居に入ると不思議なほど息が合って、共演シーンは毎回楽しかったです。

――村人との掛け合いも面白かったですが、何かエピソードはありますか?

ド・ギョンス:コミカルなシーンも多いです。ウォンドゥクがポグンから逃げ回るシーンなど、全部楽しかったです。村の人たちが集まるだけで笑いが絶えず、温かい雰囲気になりました。順天(スンチョン)の楽安邑城(ナガヌブソン)でロケを行ったんですが、あの場所の風景が本当に美しかったです。韓国にあんな場所があったなんて。とても美しい風景だったので今も忘れられません。

――今回のドラマを通して、観光客の方も増えそうですね。

ド・ギョンス:そうなんです。個人的にもオススメしたいので、一度は行ってみてほしいです。カメラには映らなかった所もありますが、あの場所の風景は全てが美しくて、そして食べ物もおいしかったです。皆さんも、ぜひ観光に行ってみてください。

――ご自身がご覧になって、映像が一番きれいだと感じたシーンは?

ド・ギョンス:第1回のラスト、イソとの出会いのシーンです。逃げるイソを見たイ・ユルが追いかけるシーンなんですが、橋と桜の風景を思い出します。あのシーンは本当にきれいでした。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――EXOのメンバーの反応はいかがでしたか?

ド・ギョンス:メンバーの中でもシウミンさんとチェンさんはリアルタイムで放送を見てくれました。話題になったイ・ユルのセリフをモノマネしたり「楽しく見てる」と言ってくれて、メンバーの応援がとても力になりました。

――視聴率10%の公約を達成されたので「Growl」のダンスを踊り、話題になりました。「Growl」ダンスのエピソードを教えてください。

ド・ギョンス:ダンスを習ったことのない人が多かったんですが、皆さんお上手でびっくりしました。面白いジェスチャーなんかも入れながら、楽しく踊ってくれたので、皆さんと踊れて幸せでした。なかでもジヒョンさんがすごく上手で、ダンスを習ったことがないのに手取り足取り教えなくても、すぐに上達されたので驚きました。


最近ハマっていること?「メンバーに料理を作って…」

写真提供:NHKエンタープライズ
――お忙しいかと思いますが、休みが取れた時は何をして過ごしていますか?

ド・ギョンス:オフの日はぐっすり眠ります。そして最近ハマっているのは、料理と食べることが好きなので料理を練習しています。オフの日は料理をすると癒やされます。

――料理を作って食べることがお好きなんですね。メンバーと食事をされるんですか?

ド・ギョンス:はい、メンバーにも作ります。メンバーには結構、好評なんですよ。

――突然10日間の休みをもらったとしたら何をしますか?

ド・ギョンス:そうですね。僕は映画鑑賞が好きなので、見たい作品を一気に見ます。それから一日中ベッドで寝ていたいです。そして旅行もしたいですね。旅に出て、一日中ベッドの上で映画を見続ける。まとめて全部できたらいいですね。

©STUDIO DRAGON CORPORATION
――「100日の郎君様」に出演し役者として成長したと感じる点はありますか?

ド・ギョンス:ウェブドラマ(「ボクらのラブアカデミー」)以外で主演を務めるのは「100日の郎君様」が初めてで、セリフがとても多かったんです。成長したと感じる点は、セリフを覚えるのは得意ではないんですが、瞬間暗記ができるようになり、いい経験になりました。また、どんな作品にも言えることですが、キャラクターの感情表現について学べました。

――暗記は大変でしたか?

ド・ギョンス:今までで一番セリフが多かったので、もちろん大変でしたが楽しかったです。実はクランクアップしてからも終わった気がしなくて「セリフを覚えなきゃ」と思ったんです。そんな勘違いをするくらい、セリフを覚えるのが好きになりました。

――「100日の郎君様」以外にもいろいろな役を演じてこられましたが、今後、挑戦してみたい役はありますか?

ド・ギョンス:演じてみたい役は特にありません。今はジャンルを問わず、いい作品であれば挑戦したいと思っています。

――最後に「100日の郎君様」の見どころを教えてください。

ド・ギョンス:見どころは、“切なく悲しい過去の縁”、そして“ケンカしながら深まってゆく愛”です。また美しい映像の数々と共演者の皆さんのすばらしい演技。それらが見どころです。本作を見れば、心が温まり幸せな気持ちになれると思います。世代や性別を問わず楽しんで頂ける作品だと思いますので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

■リリース情報
「100日の郎君様」

・DVD BOX1
好評発売中
価格:19,000 円+税
形態:DVD5枚組(本編 DISC4 枚+特典 DISC1枚)/ 本編約575分(1~8話)
特典映像:制作発表、本読み、メイキングPart1、
ド・ギョンス インタビュー Part1、ナム・ジヒョン インタビュー Part1、ミュージッククリップ
封入特典:ブックレット(32P)

・DVD BOX2
発売日:12月4日(水)
価格:19,000 円+税
形態:DVD5枚組(本編 DISC4枚+特典 DISC1 枚)/ 本編約614分(9~16話)
特典映像:スチール撮影風景、メイキング Part2、
ド・ギョンス インタビュー Part2、ナム・ジヒョン インタビュー Part2、ミュージッククリップ
封入特典:ブックレット(32P)
全2BOX / 全16話 / 日本語字幕 / 日本語吹替収録

・レンタルDVD
レンタル中Vol.1~4
12月4日(水)Vol.5~8
全8巻 / 各巻2話収録 / 日本語字幕 / 日本語吹替収録
発行:NHKエンタープライズ 販売元:エイベックス・ピクチャーズ

・100日の郎君様オリジナルサウンドトラック
好評発売中
価格:3,000円+税
発売元 / 販売元:エイベックス・ピクチャーズ
※商品のデザイン、仕様、特典内容は変更になる可能性がございます。

■関連サイト
「100日の郎君様」公式ホームページ:https://roukunsama.jp/


◆ド・ギョンス(EXO-D.O.) 直筆サイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー&コチラのツイートをRTするだけ。奮ってご応募ください。

【応募期間】
2019年11月21日(木) 13:00 ~ 11月25日(月) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。

記者 : Kstyle編集部