パク・ジョンミン&チョン・ヘイン&マ・ドンソクら出演映画「始動」予告編第1弾を公開

MYDAILY |

写真=NEW
マ・ドンソク、パク・ジョンミン、チョン・ヘイン、ヨム・ジョンアの出会いとキャラクター変身で期待を集めている映画「始動」が、今年の冬をひきつける愉快なエネルギーに満ちた1次予告編を公開した。

「始動」は、正体不明のおかっぱ頭のシェフであるゴソク兄さん(マ・ドンソク)に会った中途半端な反抗者(パク・ジョンミン)と、何も考えず社会に飛び込んだ意欲十分の反抗者サンピル(チョン・ヘイン)が、現実世界を痛感する愉快な物語を描いた作品だ。

マ・ドンソク、パク・ジョンミン、チョン・ヘイン、ヨム・ジョンアの新鮮な組み合わせで期待を集める「始動」が、俳優たちの歴代級のキャラクター変身と相乗効果を垣間見ることができる1次予告編をCGV Facebookを通じて初公開した。

今回公開された1次予告編は、バイクに乗って荒々しく走るテギルと親しいサンピルの姿で開始から注目を集めた。爽快に疾走するのもつかの間、母親から体中を叩かれるテギルが、後先を考えずに家を飛び出しチャンプン飯店に行くことになる姿は、今後繰り広げられるストーリーに対する期待を高めた。

続いて、圧倒的なビジュアルとオーラを放つ、正体不明シェフのゴソク兄さんの登場は視線を引きつけ、彼に出会ったテギルが予想とは異なる流れの日常に戸惑う姿は、コミカルな笑いを醸し出した。特に、外見から性格まで、今までの作品とは全く違うキャラクターに完璧に変身したマ・ドンソク、パク・ジョンミン、チョン・ヘイン、ヨム・ジョンアの姿は、今まで見たことがなかった愉快な相乗効果を予告して期待感を高めている。

最後に、「人生何がある?一旦生きてみよう!」という力強いコピーと共に、個性満点のキャラクターの多彩な表情が交差する中、ゴソク兄さんとテギルのケンカ腰のケミ(ケミストリー、相手との相性)で終わる瞬間まで笑いを伝えている。このように「楽しさと最高のケミ」を盛り込んだ予告編を公開した「始動」は、休むこと無く笑いをプレゼントして、今年の冬に観客の心を惹きつけると期待されている。。

歴代級キャラクターの愉快なエネルギーがあふれる映画「始動」は、2019年12月より韓国で公開される予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン