BTOB ヒョンシク、サプライズ・ストリートライブにファン熱狂「大きなプレゼントをもらったみたい」

Newsen |

写真=CUBEエンターテインメント
BTOBのヒョンシクがサプライズ・バスキング(ストリートライブ)を盛況裏に終えた。

ヒョンシクは11月9日午後、ソウル江南(カンナム)区のCOEX K-POP広場でバスキングイベント「もう一度のRENDEZ-VOUS」を開いてファンたちと会った。

今回のバスキングは、2日と3日の2日間に渡って開催された初の単独コンサート「RENDEZ-VOUS」の余韻が消えないMelody(BTOBのファン)、そして残念ながら参加できなかったMelodyたちのためにヒョンシクが準備したサプライズイベントで、寒さにもかかわらず、約1000人あまりのファンが集まって、ヒョンシクの人気を実感させた。

ヒョンシクは1stソロアルバム「RENDEZ-VOUS」の収録曲「RENDEZ-VOUS」「DOCKING」「MOONLIGHT」「BLACK」「DEAR LOVE」をはじめ、単独コンサートで披露したジャズ曲「Fly Me To The Moon」と「Moondance」とJohn Mayer(ジョン・メイヤー)の「Gravity」、自作曲「SWIMMING」まで、全9曲を披露し、現場に集まったファンを熱狂させた。

ヒョンシクは「私が皆さんにプレゼントをしたかったけど、私のほうがもっと大きなプレゼントをもらったみたいだ。本当にありがとうございます。これからもっと頑張る、もっとカッコよい姿を見せるヒョンシクになります。愛してます」と感想を言い、約1時間に渡って行われたサプライズバスキングを終えた。

記者 : パク・スイン