防弾少年団 ジョングク、道路交通法違反などの疑いで立件…召喚の日程は未定

Newsen |

防弾少年団のジョングクが道路交通法違反などの疑いで立件された。

ソウル龍山(ヨンサン)警察署は本日(8日)、ジョングクを道路交通法違反および交通事故処理特例法違反の疑いで立件したと明らかにした。召喚の日程は未定である。

ジョングクは10月31日午前4時頃、ソウル龍山区漢南洞(ハンナムドン)の道路で、自身の車と運転中にタクシーが衝突事故を起こしたと報道された。事故当時、飲酒状態ではないことが確認された。

警察がジョングクの立件のニュースを伝えた中、防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントは特にコメントを発表していない。

これに先立って、Big Hitエンターテインメントは4日「先週ジョングクが自身の車を運転していた途中、ジョングクの過ちにより、他の車両との接触事故が発生した。被害者とジョングク共に、大きな負傷はなかった。ジョングクは事故直後、自身が道路交通法を違反したことを認め、適法な手続きに従って、現場の処理と警察署での陳述を行い、その後被害者と円満に合意した。被害者の方にはもう一度お詫び申し上げ、ファンの皆様にご心配をおかけして申し訳ない」とコメントした。

記者 : ファン・ヘジン