パク・ソジュン&元HELLOVENUS ナラら出演、新ドラマ「梨泰院クラス」台本読み合わせ現場を公開

MYDAILY |

写真=SHOW BOX、ジウム
「梨泰院(イテウォン)クラス」チームが初めて会った。

JTBC新金土ドラマ「梨泰院クラス」側は本日(6日)、“ヒップ&ホット”な俳優たちのエネルギー溢れる熱演とシナジー(相乗効果)でいっぱいだった台本読み合わせの現場を公開した。

ポータルサイトDaumの同名のウェブ漫画を原作とする「梨泰院クラス」は不合理な世界、固執と血気が溢れる若者たちの“ヒップな”反乱を描いた作品。世界を圧縮したような梨泰院の小さな街でそれぞれの価値観で自由を追う彼らの神話が繰り広げられる。「雲が描いた月明り」「恋愛の発見」などを通じて感覚的な演出力を証明したキム・ソンユン監督がメガホンを取り、原作者チョ・グァンジン脚本家が直接台本を執筆してドラマファンたちの期待を高めている。

今年8月、上岩洞(サンアムドン)にあるJTBC社屋で行われた台本読み合わせ現場にはキム・ソンユン監督、チョ・グァンジン脚本家をはじめパク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョン、元HELLOVENUS ナラ、キム・ドンヒ、アン・ボヒョン、キム・ヘウン、リュ・ギョンス、イ・ジュヨンなど主要出演陣が一堂に会して演技熱戦を繰り広げた。台本読み合わせに先立ってキム・ソンユン監督は「毎度ドラマ撮影に入る時、ときめく気持ちが半分、心配になる気持ちが半分だ。このような緊張感が新しい作品を作る創作の動力になるようだ。みんな一緒に笑えるドラマを作りたい」と愛情たっぷりの感想を伝えた。

強力な個性で武装した原作キャラクターに新しい魅力を吹き入れる俳優たちの呼吸は、初の出会いから輝いた。まずパク・ソジュンは所信一つで梨泰院を掌握しようとする“直進青年”パク・セロイの魅力を最大化させ、みんなの期待を確信に変えた。業界の飲食大手企業「チャンガ」に対する痛快な反撃を試みるパク・セロイを完璧に演じ、覇気溢れる青春の顔を描いた。パク・ソジュンは「台本読み合わせを通じて撮影に突入したのが実感できる。今日のときめく気持ちを忘れずに一生懸命に撮影に参加する」と覚悟を伝えた。

神が与えた頭脳を持っている“高知能ソシオパス”チョ・イソに変身したキム・ダミは、独歩の演技と魅力で漫画から飛び出したようなシンクロ率を誇示した。天使のような顔とは反対の性格を持っているチョ・イソのダークなカリスマ性を完璧に演じ、もう一度“人生キャラクター”の更新を期待させた。熱い好評を受けた映画「魔女」の次期作であり、デビュー以来初のドラマ出演で関心を集めたキム・ダミは「このようにすばらしい俳優の方々に会えて嬉しい。今後の撮影が楽しみ」と伝えた。

ユ・ジェミョンは飲食業界の大手企業チャンガの会長チャン・デヒ役を演じる。慈悲はない冷徹な事業家のオーラで雰囲気を圧倒し、重い存在感をアピールした。特に息子の事故で絡み合った敵であり、自身を脅かす事業ライバルであるパク・セロイに変身したパク・ソジュンと対立するシーンでは、完璧な呼吸で息詰まる緊張感を与えたという。「原作を楽しみながら見た」と話したユ・ジェミョンは「監督、スタッフ、同僚及び先輩・後輩俳優と今日初めて会ったが、緊張してときめく気持ちで台本読み合わせに参加した。素敵な作品になると思う。最善を尽くしてよい作品で挨拶する」という挨拶で期待を高めた。

パク・セロイの初恋オ・スア役は、多数のドラマで活躍しながら自身のフィルモグラフィーを着実に築いているナラが担当した。率直で堂々とした姿の裏に子供時代の痛みを持っているオ・スアは、自身を守るためにパク・セロイのライバルになる。変化に富んだ演技を披露したナラは「緊張したが、集中したらもう頭の中に撮影現場が描かれて楽しみだった。オ・スアがより魅力的に感じられるように努力する」と伝えた。

またパク・セロイの新しい夢と共にオープンする“タンバム”、そしてチャン・デヒ会長が守ってきたチャンガのメンバーとして劇に現実味を吹き入れる俳優たちの存在感もすごかった。チャンガの庶子だが、片思いしているチョ・イソと共にタンバムに入るチャン・グンス役のキム・ドンヒが、原作キャラクターの魅力を倍増させる熱演で注目を集めた。チャンガの長男であり、跡継ぎを狙うチャン・グンウォン役のアン・ボヒョンは、パク・ソジュンとの対立を通じてぞっとするほどの悪役を披露した。

名前だけでも信頼を与えるキム・へウンもチャンガの見方になる。チャンガの専務理事であり能力ある野心家カン・ミンジョン役を演じてガールクラッシュ(女性が女性に憧れること)な魅力をアピールした。ここにタンバムで第2の人生を始めるチェ・スングォン役のリュ・ギョンス、タンバムのキッチンを担当するマ・ヒョニ役のイ・ジュヨンなど、無駄なキャラクターが全くいない俳優軍団の活躍も期待を集める。

「梨泰院クラス」の制作陣は「原作の面白さと共感を倍増させる俳優たちの熱演とシナジーが輝いた。自身だけの個性と演技を披露して、キャラクターの魅力も強調されたようだ。多彩な梨泰院を舞台に繰り広げられるストーリーであるほど、一風変わった愉快さをお届けするので、多くの期待と関心をお願いする」と伝えた。

一方「梨泰院クラス」はJTBC新金土ドラマ「チョコレート」の後番組として、韓国で2020年上半期に放送される。

記者 : イ・スンギル