放送終了「太陽の季節」オ・チャンソク&ユン・ソイ、過酷な試練を乗り越えた2人の結末とは

TVREPORT |

[i※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
mg01:center:写真=「太陽の季節」 放送画面キャプチャー]

オ・チャンソクとユン・ソイが過酷な試練を乗り越え、夫婦の縁を結んだ。

1日に韓国で放送されたKBS 2TV「太陽の季節」では、テヤン(オ・チャンソク)とシウォル(ユン・ソイ)が生涯のパートナーとして新しい人生を始める姿が描かれた。

3年間の収監でも反省しないテジュン(チェ・ジョンウ)に、グァンイル(チェ・ソンジェ)は「お父さんは、どうしてそんなにおじいちゃんが嫌いなんですか? 高卒出身のお父さんを会長にまでしたのに、お母さんとおじいちゃん、そしてキム・ユウォルをあんなに酷く苦しめて、どうして最後まで謝罪しないのですか?」と言った。

グァンイルは「3年間刑務所で過ごしながら、気付いたことがあります。父のように生きてはならないということです。来る間もずっとそう思っていました。お父さんも3年間少しは変わっていないだろうかと思ったんですけど、そのままですね。何も変わっていないです。だから悲しいんです」と苦く言った。彼はテジュンが変わる日まで会わないとし、約束のない別れを告げた。

ジョンヒ(イ・ドクヒ)は出所したグァンイルを抱きしめた。グァンイルの感謝の挨拶に、ジョンヒは「水臭いな。そんなこと言わないで」と言って笑った。

その後、ジョンヒは「ジミンがいるけど、会わない? ジミンはすごく会いたがっていると思うよ」と付け加えたが、グァンイルは「後でね。こんな姿は見せたくないです。後で場を設けて会います」と言って断った。

「一人暮らししている家に時々遊びに行くので、邪魔だと思わないで」と言うジョンヒに、グァンイルは「とんでもないです。僕はお母さんが大好きです。だから、ジミンのお母さんも好きだったと思います。その人が、お母さんに似ていたから」と答えた。

シウォルは短い韓国での日程を終え、ジミンとアメリカに戻る予定だった。そんなシウォルにテヤンは特別なプレゼントをした。

プレゼントは自ら建てた家だった。テヤンは「君と一緒に暮らそうと建てた。僕と暮らせば、シベリアの野原のテントでも良いと言っただろう? それに比べると、この家は宮殿のようなものだ」と冗談を言った。

シウォルが「いつの話をしているの。私は、その時のユン・シウォルではない。冷たい風が吹くと、関節が痛い年なのよ」と言うと、テヤンは「心配しないで。その関節に冷たい風が当たらないように、僕が頑張る」と言って笑った。

テヤンは「ここで僕と暮らそう。3年間、そう思ってその力で耐えた」と言い、繰り返しシウォルに手を差し伸べた。ジミンとも話は済ませた後だった。シウォルは「幸せ。私たちにこんな日が来るなんて、本当に幸せ」と感激した。シウォルとテヤンの長いハグを捉えながら、「太陽の季節」はハッピーエンドを迎えた。

記者 : イ・ヘミ