Vol.1 ― “日韓で活躍中”藤井美菜、6年ぶりの韓国ドラマ出演「日本との違いが不思議でした」

KSTYLE |

2012年から本格的に韓国での活動を開始し、日本と韓国を行き来しながら精力的な活動をしている女優・藤井美菜がKstyleのインタビューに初登場。イ・ミンギ×ソ・ヒョンジン主演の韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」 のDVD発売&レンタル開始を記念したトークショーに登壇した直後、多忙な時間を割いてインタビューに応じてくれた。ここでは、日本と韓国の両国で活躍する彼女ならではの興味深い話をたっぷりと聞いたインタビューの前編をお届けする。

藤井美菜 直筆サイン入りポラのプレゼント概要は記事下をチェック!

――先ほど、MCの古家正亨さんとともに「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のトークショーを終えたばかりですが、感想をお聞かせください。

藤井美菜:なかなかこういう機会はないので、とても新鮮でした。おもしろい作品を見ると、誰かとおしゃべりしたいなって気持ちになるので、古家さんとお話をしながら、観客の皆さんと時間を共有できるステキな場でした。だから、むしろ私自身が楽しんじゃいましたね。

――韓国語がとても流ちょうですが、そもそもは「冬のソナタ」を見て、韓国語学習を始めたそうですね。どんなところに惹かれたのですか?

藤井美菜:韓国ドラマって、1話を見るとどうしても続きが気になりますよね。視聴者の心をつかむマジックがあると思います。「冬のソナタ」の場合は、ライバル役のチェリン(パク・ソルミ)さんが、いい感じにかき乱してくれたのがおもしろさのポイントだったのかなって思いますね(笑)。当時は「いじわる~」って思いながら見ていましたが、考えてみると、チェリンさんがドラマにとっていいスパイスになっていたんだなって思います(笑)。

――「冬のソナタ」の1番の名場面もあげるならば?

藤井美菜:スキー場でゴンドラが動かなくなって、連絡も途絶えてしまい、2人(ミニョンとユジン)の距離が近づいていくところですね。あとは、チェリンさんの悪事がわかりやすくばれるところもスッキリしました(笑)。


初級を抜け出すなら?韓国語のおススメ勉強法

――今も韓国語を勉強中だそうですが、初級者から抜け出したい韓国語学習者によい学習方法があれば教えてください。

藤井美菜:最近は、韓国の作品やYouTubeの動画を観ながら勉強していますが、あえて韓国語の字幕を出しながら観るということをやっています。自分の知らない単語のつづりもわかるし、こういう言い回しがあるんだということを学ぶことができます。はじめは難しいかもしれませんが、初級を抜け出したい方にはおススメの方法じゃないかと思います。

――今日のトークショーでは「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」の見どころを語っていらっしゃいましたが、改めて読者にも見どころを教えてください。

藤井美菜:もともと映画版のファンでした。映画は2時間の中に、美しくてせつないお話が描かれていましたが、ドラマ版に関してはそこにもっと甘い要素が加わって、全16話という長い時間で、どうおもしろく見せるかの工夫がたくさん詰まっていました。映画とはまた違うものとして、すごく楽しませていただきました。

物語の設定的には非現実的な部分もあるのですが、俳優さんたちがリアリティを大事にしたお芝居をされているので、ものすごく非現実なものを見ているような気がしなかったです。非現実的な部分はキュンキュンするポイントのひとつとして見ていただいて、リアルなお芝居には感動していただければと思いますね。色々な見どころがつまった作品になっていると思います。

――イ・ミンギさんやソ・ヒョンジンさんと共演されたことはありますか?

藤井美菜:このドラマに出演している方々とはお会いしたことがないので、いち視聴者として完全に感情移入しながら観ていました(笑)。

――ドラマには、アン・ジェヒョンさんイ・ダヒさんのカップルも登場しますが、イ・ミンギさん扮するソ・ドジェと、アン・ジェヒョンさん扮するリュ・ウノでは、どちらが好みのタイプですか?

藤井美菜:う~ん(笑)。最終的にはイ・ミンギさんですかね。はじめは人間味がなくて、冷たくてロボットのように見えたんですけど、それは自分の弱みを隠すためだったんですよね。弱みをもった男性もいいなっていうところから始まって、最終的にはギャップの魅力に完全に持って行かれてしまいました(笑)。ストーリーの後半になってくると、恋愛慣れしていないから、連絡がこなくてソワソワしたり、ちょっとしたことでも無邪気に笑ったりとか、女性がキュンキュンするポイントがたくさんあって、ステキなキャラクターだなと思いました。

――1番、印象深かったシーンは?

藤井美菜:ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)が男の子に変わったときに、男の子であることを利用して周りの人を助けるシーンがあって、そういうシーンはこのドラマならではの展開だなと思いましたし、男の子の姿でドジェと一緒にいるときに、ドジェのお母さんがやってきてゲイ疑惑が勃発するのもおもしろかったです。


ギャップの魅力「結構サバサバしているんだねって…」

――キャラクターの魅力をギャップだとおっしゃっていましたが、藤井美菜さんご自身には、どんなギャップの魅力がありますか?

藤井美菜:「女性らしいかなと思ったら、結構サバサバしているんだね」って言われることがあります。最近はYouTubeでいろいろなコンテンツを発信しているので、私についてあまり知られていなかった素の部分が少しずつバレてきているんじゃないかなって気がしています(笑)。作品やテレビで私を見てくださっている方々は知らない、サバサバしたところや、大雑把なところがYouTubeでは見られるかも知れません。

――韓国ドラマをよく見るとのことですが、最近おもしろかったものは?

藤井美菜:「SKYキャッスル」には、ドハマりしました(笑)。お受験戦争に熱心なお母さんたちの話なので、興味深かったです。日本でもリメイクされて、たくさんの人に見ていただきたいと思ったくらい、ハマり要素が満載のドラマでした。

――ドラマ以外では、いかがですか?

藤井美菜:つい最近、コン・ヒョジンさんの主演映画「最も普通の恋愛」を観ました。元々、コン・ヒョジンさんは大好きな女優さんなのですが、どこにでもありそうなラブストーリーを、会話のやりとりや演技力で魅せる作品だったので、役者として勉強になることがたくさんありました。


6年ぶりの韓国ドラマ出演「不思議で勉強にもなりました」

――藤井美菜さんご自身としては、約6年ぶりに韓国のドラマ「ドクター探偵」に出演されましたが、この作品に出演してどんなことを得ましたか?

藤井美菜:6年前は韓国語でお芝居をするので精一杯で、自分の出ていないシーンや、ドラマ全体のことを気にする余裕がそこまでなかったんです。でも、今回は韓国語も少しは自分の思うようにコントロールできるようになったし、レギュラーのような形で出演させていただいたので、現場にいる時間が長く、先輩の俳優さんたちがどうやって役作りをされていくのかの過程をじっくりと見ることができました。

それから、台本通りにではなく、セリフがどんどんアレンジされていくこともあったのが印象的でした。ドラマをよりおもしろくするために、自分のキャラクターを魅力的に見せるためにアレンジするのですが、それが韓国ドラマのおもしろさの秘訣のひとつなんだなと感じて、不思議でもあり、勉強にもなりました。

――共演者の方々とのエピソードも教えてください。

藤井美菜:ポン・テギュさんは、アドリブを多く出されるので、私も隣で韓国語の自然な言い回しを教えていただいたりして、助けていただきました。ポン・テギュさんが出演していた「スーパーマンが帰ってきた」を私も見ていたので、共演できてうれしかったです。

――Instagramで「ドクター探偵」の現場に、自ら差し入れたコーヒーのケータリングカーの写真をアップされていました。韓国にはそういった差し入れ文化もありますが、撮影現場での食事事情を教えてください。

藤井美菜:韓国では現場でお弁当を食べることはほとんどなくて、各自がそれぞれに食堂に行ってまた現場に戻ってくるという感じなんです。8年前くらいに不思議に思ったのが、タイトなスケジュールなのに、お昼の休憩は1時間しっかりとることです(笑)。日本だったら車の中でお弁当を食べることも多いのに、「その部分はゆとりを感じていいんだ」って不思議でした(笑)。なので、ご飯に関しては温かいものが食べられますね。

あとは、差し入れ文化があって、ケータリングカーとかカフェがまるごとトラックで来ることもあるので、いろんな食べ物や飲み物を温かいまま、冷たいままでいただけるのがいいなと思います。

取材:安部裕子 / 撮影:朝岡英輔


◆藤井美菜 直筆サイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー&コチラのツイートをRT。

【応募期間】
2019年11月29日(金)16:00 ~ 12月2日(月) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
※当選者の方は、当選連絡のDMに記載されているURLをSNS等で公開されますと、第三者に入力されてしまう危険性がございますのでお控えください。

記者 : Kstyle編集部