チョン・ユミ&コン・ユ出演、映画「82年生まれ、キム・ジヨン」反響により釜山・大邱での舞台挨拶を確定

OSEN |

写真=OSEN DB
凄まじい勢いで韓国の秋の劇場街でブームを巻き起こしている映画「82年生まれ、キム・ジヨン」が、公開3週目の週末に釜山(プサン)、大邱(テグ)地域の舞台挨拶を確定した。

「82年生まれ、キム・ジヨン」側は31日、「映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が観客の熱い反応に後押しされ、公開3週目の週末である11月9日(土)釜山、10日(日)大邱地域の舞台挨拶を通じて観客に会う」と明らかにした。

チョン・ユミとコン・ユ、脚色と演出を務めたキム・ドウン監督が参加する今回の舞台挨拶は、老若男女の観客たちに温かい共感と慰めを伝え、特別な出会いを持つ予定だ。

11月9日(土)の舞台挨拶は、ロッテシネマ光復(クァンボク)、ロッテシネマ東莱(トンネ)、ロッテシネマO2、映画の殿堂、CGVセンタムシティ店、ロッテシネマ・センタムシティ店で行われ、翌日の10日(日)の舞台挨拶は、ロッテシネマ東城路(トンソンロ)、CGV大邱、MEGABOX大邱新世界店で観客と会う。

同名の小説を原作にした「82年生まれ、キム・ジヨン」は、1982年に生まれ、2019年を生きるキム・ジヨン(チョン・ユミ)の誰も知らなかった話を描く。

先月23日に公開され。上映8日目に損益分岐点(160万人)を突破した。口コミが広がり、予備観客たちの関心を集め、人気を伸ばしている。

記者 : キム・ボラ