FTISLAND イ・ジェジン、日本1stソロツアー「Love Like The Films」が大盛況

KSTYLE |

写真=ヤマダマサヒロ
FTISLANDのベーシスト イ・ジェジンが、3都市6公演の初となるソロツアー「LEE JAE JIN (from FTISLAND) 1st Solo Mini Live Tour “Love Like The Films”」を開催し、10月30日の大阪・NHK大阪ホールでファイナルを迎えた。その中で今回は、10月23日の東京・中野サンプラザホール(夜公演)の模様をレポートする。

10月9日にリリースした初のソロミニアルバム「scene.27」を携えてのツアーは、前半に「scene.27」アルバム全曲にFTISLANDのカヴァーを4曲加えたミニライブ、後半にソロアルバムの話はもちろん、“27歳のさまざまなシーン”を意味するアルバムタイトル「scene.27」にかけて、幼少期からの写真を見ながらのトークコーナーも披露した。

ライブパートでは、アルバム「scene.27」と同じく、これからの物語を予感させるインスト曲「Intro」がオープニングを飾ると、そのリズムに乗って黒の服に赤のジャケットでアクセントをつけた大人っぽいスタイルのイ・ジェジンが登場。男女のコーラス、キーボード、パーカッション&サックス、ドラム、ベース、ギターの生バンドが奏でるリズムに合わせて会場が手拍子をすると、そのグルーヴに身体を揺らしながらリード曲「Love Like The Films」を歌い始めた。FTISLANDではベーシストだが、ソロでは楽器は持たずにボーカリストとしてステージに立つ。音楽に集中しながら歌う「KILLING ME PLZ」では、夜の高速道路の映像が疾走感を高めてくれた。

写真=ヤマダマサヒロ
「よしっ!」と勢いを付けてからテンション高く挨拶をすると、「(昼の)1回目のステージは緊張しすぎましたが、2回目の今は、ちょっと余裕が出てきました。今日は良い1日にしたいと思います。皆さん、一緒に盛り上がりましょう!」と話し出した。「日本のミュージシャンの皆さんにサポートしてもらうのは、FTISLANDのライブとは違う気分です。今回は編曲も演奏も大人っぽくて、気持ちいいです。今日はアルバムの曲を全部やります。FTISLANDでは見ることのできないFTISLANDの曲も披露します。皆さんが喜ぶ姿を想像しながらセットリストを考えました。ジェジンスタイルのライブを作ります!」と宣言。

「皆さんの曲です」というイ・ジェジンの言葉でメロウなサックスソロがイントロを奏でると、一転してレゲエのリズムに変わりFTISLANDのファンソング「Primadonna」へ。「アルバムに寄せて大人っぽいアレンジにした」というこの曲では、会場にマイクを向けてサビをファンが歌うと満面の笑顔を向けた。ドラマチックなジャズアレンジが効いた「Invisible」では目をつぶって集中した様子だったが、「息する間がなくて、辛かった」とちょっとお茶目な面も見せた。

MCでは「この前、ホンギさんから電話がかかってきたんです」と、入隊中のFTISLANDのボーカリスト、イ・ホンギの話題に。イ・ホンギが電話で「ジェジンに会いたい」と言ったそうだが、「アルバムもミュージカルもホンギさんがサポートしてくれました。この場を借りて言いたいです。『会いたいね、兄さん!』」と照れながら伝えると、ファンも大きな拍手でその友情を讃えた。

写真=ヤマダマサヒロ
中盤はFTISLANDの日本デビューシングル収録曲「Wing」、そして2009年にFTISLANDのA型メンバーによるユニットFT.tripleの曲として発表されたバラード曲「Love Letter」を披露。あまりの懐かしさに、「Love Letter」では頭のサビの一節で会場から「おー!」という感嘆の声。イ・ジェジンも自身のメインボーカルパートの他に、ミンファンのラップパートも歌い、そのスペシャルバージョンにファンも沸き立った。続く「Oasis」は、イ・ジェジン自身も「好きな曲」だと言っていたが、客席を見渡しながらその優しい歌声を響かせた。

「自分で言うのもなんですが、なかなか良いアルバムです」と自信をのぞかせると、会場からも大きな拍手。「ソロの後は、12月にFNC KINGDOMで会えるのが楽しみです。ホンギさんが先に(軍隊に)行っているので、残りの3人での最後のライブになると思います」と言うと、「僕のアピ―ルポイントは、バラード。皆さんと僕をイメージして作りました」というミドルテンポのバラード曲「Share the love」を目をつぶって、想いを込めて歌い上げた。

しっとりとしたムードに包まれた後は、「皆さんの前で、自分だけの音楽を見せられて、こんなにたくさんの人の前で歌えて感動ですし、ありがたいです」と感謝の気持ちを伝えると、「楽しみにしているものがありますよね?」と茶目っ気いっぱいの笑顔を見せ、ベースを肩に掛ける。「ソロツアーでは、ベースは弾かない」と事前に宣言していただけに、楽器を手にした姿に大きな拍手で会場が沸き立つと、「この曲で暴れましょう!」と勢いを付けてFTISLANDの「Polar Star」をベースを弾きながら歌い出す。やはりイ・ジェジンはベースを弾いている姿が一番かっこいい。ファンも思いっきり盛り上がりライブパートを締めくくった。

写真=ヤマダマサヒロ
後半は、「ジェジン、ソロデビューおめでとう!」というファンの大きな声に「ありがとー!」と応えてトークコーナーへ。

「ホテルに帰って今日のことを思い出したら泣いちゃうかも。人生、山あり谷ありだけれど、僕は今また、山を登っているところ」と、初のソロライブの大いなる手ごたえを伝えると、アルバムに関するトークへ。アルバムの全曲を作詞したが、「100曲の候補から聴いた瞬間に『Love Like The Films』をリード曲に決めました。こういう大人っぽい曲をやりたかっんです。それと、次のステップに進むために、今まで僕はどんな人に出会い影響され、これからどう進んでいくのかって自分をみつめ直していたんです。その中で気付いたのが、僕をここまで来させてくれたのは、皆さんと、僕が愛している人たちのおかげだってこと。その感謝を曲に込めたかったんです。『Love Like The Films』がこれからもよろしくね、という感じなら『Share the love』は返すべき愛の大きさを実感するもの。最初から最後まで、愛は繋がっているんです」と、楽曲に込めた真摯な想いを激白した。

続いては、幼少期からの写真を見ながらのトークへ。「Love Like The Films」のMVにも出てくる昔の写真には、「お母さんが間違えて、姉の赤ちゃんのときの写真を入れた」ということで、1枚だけ実姉の写真が混じっているそう。ミュージカルの写真では、会場からの「プロポーズシーンの歌を唄って!」とリクエストの声が上がり、急遽アカペラで生歌を披露。このソロツアー中も並行して韓国でのミュージカルスケジュールが入っており、休みなく活動をしているのだが、ミュージカルのおかげもあってか、ノドの調子はすこぶる良さそうだ。歌う前に、歌詞の内容を説明してくれたのだが、日本語が堪能な彼は、本公演のトークをすべて日本語でこなしている。今や当たり前の光景だが、この日本語能力は素晴らしい、とじみじみと感じた。

写真=ヤマダマサヒロ
自分のスマホでイ・ジェジンを撮影できるファンには嬉しいフォトタイムも設けられた。ハロウィンのかぼちゃの被り物を着用して登場。こういうサービス精神もイ・ジェジンらしい。

「夜中4回も目が覚めて、ベースの練習をした」というほど緊張していたそうだが、「良いスタートが切れた」と言う。最後の挨拶では、「これからも自分をみつめて、カッコよくて、かわいくて、セクシーで、何でもできる人になりたいです。僕は、野望がデカい人です。これからどうなっていくのか、楽しみにしていてください!また会いましょう!」と笑顔で手をふりながらステージを後にした。

早速次は12月に行われるFNC KINGDOMでのステージが待っている。日本でのソロデビューと韓国でのミュージカルを終え、さらに大きく成長したソロアーティスト、イ・ジェジンの今後の活躍に目が離せない。

<セットリスト>
2019年10月23日(水)【東京】中野サンプラザホール(夜公演)
Intro
Love Like The Films
KILLING ME PLZ
Primadonna
Invisible
Wing
Love Letter
Oasis
Share the love
Polar Star

取材・文/坂本ゆかり

記者 : Kstyle編集部