女優チョン・ヨンジュ、ソルリさんを哀悼「彼女と食事したことも…申し訳なかった」

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
女優チョン・ヨンジュが、悪質なコメントに関する考えを明かし、ソルリさんを哀悼した。

チョン・ヨンジュは、最近行われたMBCドラマ「黄金庭園」放送終了インタビューで、「初放送の日だけコメントを見て、それ以降は見なかった。その時『あの胸のついている男だ』というコメントがあった。5年前、頭を剃ったときにもそのコメントを見たことがある。もし同じ人なら、その人は本当にすごい。それも関心なのかと思って見過ごした。悪質なコメントだとは感じられなくて、笑った」と明かした。

続けて、「私は悪質なコメントを見ても、よく乗り越えるほうだ」と言うと、彼女は「私が所属事務所にJTBC2『アクプルの夜』に出ようと言ったりもした」と話した。チョン・ヨンジュは「アクプルの夜」のMCだったソルリさんと縁があった。過去、f(x)のルナとミュージカルで共演したとき、食事を一緒にしたことがあるという。チョン・ヨンジュは「ソルリさんが、ゲストの悪質なコメントに対するエピソードのとき、自分が受けたひどいコメントについて話して、鎮める役割をしていた。上手く乗り越えられる人なのだと思ったが、訃報を聞いて、心が痛かった。自然に癒されたわけではないんだなと思うと、申し訳なかった」と打ち明けた。

これと共にチョン・ヨンジュは「悪質なコメントは存在感を与えると、引き続き大きくなる。自分はひどいコメントを書き込んでいないと勘違いしてはならない。『あなた、この服何?』これもひどいコメントだ」とし、「私の友達が『私の離婚が、あなたたちに何の被害を与えたのか?』と言ったことがある。芸能人だからオープンにされるのは仕方ないが、人の痛みに触れてはならないと思う。それをソルリさんが見せてくれたようで、残念で、心が痛い」と悪質なコメントに関する考えを明かした。

チョン・ヨンジュは最近韓国で放送終了した「黄金庭園」で、サ・ビナ(オ・ジウン)の母親であるシン・ナンスク役を演じた。自分の娘を守るために様々な悪行を侵し、母性愛、悪役演技など、様々な姿を見せ、演技が好評された。

ソルリさん、悪質コメントを残した学生に善処…過去の対応とその理由に注目

【PHOTO】ハン・ジヘ&イ・サンウら、ドラマ「黄金庭園」打ち上げに参加

記者 : ソン・ヒョジョン