放送開始 「幽霊をつかまえろ」ムン・グニョン&キム・ソノ、悪縁のような出会いから…1つのチームに

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「幽霊をつかまえろ」放送画面キャプチャー
ムン・グニョンとキム・ソノが1つのチームになった。

21日に韓国で初放送されたtvN新しい月火ドラマ「幽霊をつかまえろ」第1話で、鉄道警察隊のコ・ジソク(キム・ソノ)班長は、警察大学を首席で卒業した輝かしいエリートだ。最高のスペックを持つ彼の夢はただ1つ、安定した警察官として暮らしてゆくこと。

ところがコ・ジソクに対し、警察官としての生活を脅かす事件が発生した。鉄道警察隊30周年記念行事で、連続殺人鬼“地下鉄幽霊”が犯した第4の被害者の死体が発見されたのだ。そのうえ警察庁長の財布がスリに遭う事件まで起きた。

コ・ジソクに下された命令は、始発から終電まで地下鉄に乗って、ずっと巡回しながらスリ一味を逮捕することだった。そして潜伏捜査の過程でコ・ジソクは、鉄道警察隊に志願した警察官のユリョン(ムン・グニョン)と悪縁のような初めての出会いを持つようになった。

ユリョンは地下鉄についての格別な知識に基づいて、スリを逮捕する活躍を繰り広げた。しかし、コ・ジソクは犯人逮捕のために違法な方法まで使うユリョンを鉄道警察隊の面接で不合格にした。

しかし、二人の縁は続いた。ユリョンが地下鉄盗撮事件の被害者となったのだ。コ・ジソクは犯人を捕まえるためにユリョンに助けを求め、ユリョンは追加の被害者が出てくることを防ぐためにコ・ジソクと力を合わせた。

盗撮事件が拉致事件に拡大しようとしていた瞬間、ユリョンは格別な地下鉄についての知識を発揮して、事件が予定されていた駅を突き止めた。そしてユリョンとコ・ジソクの共同捜査は、事件を見事に解決するに至った。

「幽霊をつかまえろ」は市民の身近な移動手段である地下鉄、そこを守る鉄道警察隊が“地下鉄幽霊”と呼ばれる連続殺人鬼を捕まえるために事件を解決していく爽やかコンビの密着捜査記を描く。

記者 : イ・スンギル