防弾少年団、韓国議員の発言により年内入隊説が浮上…事務所が否定「事実無根」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB、Big Hitエンターテインメント
防弾少年団の年内入隊説が浮上したが、事務所がこれを否定した。

韓国の民主党アン・ミンソク議員は21日、国会文化体育観光委員会の文化体育観光部に対する国政監査で、パク・ヤンウ文化体育観光部長官に防弾少年団について言及し、兵役特例に関して質疑した。

この日、アン・ミンソク議員は「防弾少年団のメンバーの中で、一人が年内に入隊するという。大衆芸術家に対して兵役特例は与えないことに決定したようだ」と語った。

続けて彼は「純粋芸術家は国際大会で2位までに入賞すると、兵役特例が与えられる。これは1970年代に作られた制度だが、当時は純粋芸術と大衆芸術の領域が分けられていた。しかし、今はその区別がない。純粋芸術家にだけ兵役特例を与え、大衆芸術家に与えないのは時代に合っていないと思う」と疑問を呈した。

この質問に対しパク・ヤンウ長官は「実は防弾少年団の前にも大衆芸術家に対する兵役特例の話があり、長期間検討してきた。しかし兵務庁、国防部はなるべく兵役特例を減らして、内容まで変えようとしている。私たちは出来ることであればもっと増やして、文化体育人力が活発に活動して欲しいと思っている」と、兵役特例の適用は否定しつつも、芸術文化の発展において兵役特例は良い効果をもたらす可能性があると伝えた。

アン・ミンソク議員は「国威宣揚の次元で見ると、オリンピックで金メダルを獲ることと同じくらい、米ビルボードチャートで1位を獲得することも国威宣揚に貢献したと、国民の殆どが思っているだろう。(しかし兵役特例を適用されないことが)理解できなくて尋ねた」とコメントした。

防弾少年団の年内入隊説に関して、Big Hitエンターテインメントは「年内に入隊するというのは事実無根だ」と否定した。

防弾少年団は韓国アイドルとしては初めてビルボードメインアルバムチャートである「ビルボード200」を3回も受賞して韓国の地位を高め、最年少文化勲章を受賞した。

防弾少年団、5度目となる日本ファンミーティング最終公演のディレイビューイングが12月16日(月)に開催決定

防弾少年団 SUGA「セルフプロデュースが可能な能力者アイドル」1位に…2位はAB6IX イ・デフィ

記者 : ミョン・ヒスク