IU、悪質コメントやデマ流布者に法的対応…所属事務所がコメント「示談や善処ない」

OSEN |

写真=OSEN DB
IUが悪質なコメントによって虚偽の事実が流布されることに対する法的対応をとると明かした。

IUの所属事務所カカオM側は18日午後、公式SNSを通して「IUに対する無分別で悪質なコメントと虚偽の事実流布による名誉棄損、セクハラ、人身攻撃などの程度が非常に深刻だ」とし「これに対し、法的対応を行おうと思う。14日、ソウル中央地方検察庁に1次で告訴状を受け付けた。追加告訴状の受付も準備している」という公式立場を伝えた。

そしてカカオM側は「今後もIUに対する悪意的な誹謗行為に対して示談や善処なく、強力に対応する」とし、「無分別な悪質コメントの根絶のために持続的に努力する」と明かした。

【カカオM 公式コメント全文】

こんにちは。IUの所属事務所、カカオMです。

当社は所属アーティストIUに対する無分別で悪質なコメントと虚偽の事実流布による名誉棄損、セクハラ、人身攻撃などの程度が非常に深刻だと判断し、これに対して法的対応を行おうと思います。

持続的なモニターリングとファンの方が情報提供してくださった内容などを元に、該当件に関する資料を合わせて法務法人(有限)シンウォンを通して10月14日、ソウル中央地方検察庁に1次で告訴状を受け付けたことをお知らせします。また、追加告訴状の受付も準備しています。

当社は今後もIUに対する悪意的な誹謗行為に対して示談や善処なく、強力に対応し、無分別な悪質コメントの根絶のために持続的に努力していきます。

記者 : キム・ボラ