「偶然発見した一日」SF9 ロウン、イ・テリに自身の気持ちを打ち明ける“運命を変えてみる”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「偶然発見した一日」放送画面キャプチャー
SF9のロウンがイ・テリの警告を無視した。

17日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「偶然発見した一日」では、ハル(ロウン)が本格的にウン・タンオ(キム・へユン)に協力すると宣言した。

この日、ハルは運動場に一人で座っていた。サッカーのメンバーが足りないという友達の言葉にペクギョン(イ・ジェウク)がハルの傍に行った。ペクギョンはハルに「僕と1番の親友はA3ではない。僕の婚約者だ。秘密を一つ教えてあげようか。僕は今あの子を弄んでいるんだ。僕が少し優しくしたら命まで捧げてくれると思う」と刺激した。

これに対してハルは胸ぐらをつかみ、ペクギョンは再び「それで、お前は誰?」と聞き、ハルは「言っても分からないだろう」と答えた。ウン・タンオはペクギョンに告白された後、女友達から苦しめられ、ハルはそんなタンオを救った。タンオは「さっきはおかしかったのに、急にまたどうしたの? でも分かる。ステージが変わるたびに混乱するでしょう」とし、明るく笑った。

このようなタンオの姿にハルは「僕も自分勝手にやってみようと思う」と心を伝えた。続いてチン・ミチェ(イ・テリ)の元を訪れた。チン・ミチェは「流石に怖いみたいだね」と聞き、ハルは「自分の存在が消えると言われて、怖くない人はいないだろう」と答えた。

続いて「ウン・タンオの味方になる。僕も自分の運命を変えてみる。いつどこで消えるか分からない人じゃなくて、誰かの運命を変える人になりたい。僕の始まりに答えがなかったのなら、答えを作っていく。ウン・タンオと一緒に」と答えた。

記者 : チョン・ミヨン