ムン・グニョン&キム・ソノ出演、ドラマ「幽霊をつかまえろ」第1話の予告編を公開

OSEN |

tvN「幽霊をつかまえろ」が、ムン・グニョンとキム・ソノが現場に初めて出動するダイナミックなシーンを公開し、鉄道警察隊の正反対な相棒の姿で強烈な印象を残した。

韓国で10月21日の午後9時30分に放送がスタートするtvN新月火ドラマ「幽霊をつかまえろ」は、「始発から終電まで! 私たちの地下は地上より緊迫する!」と叫ぶ鉄道警察隊が市民の身近な移動手段である地下鉄で「幽霊」と呼ばれる連続殺人鬼を捕まえるため事件を解決していく密着捜査を描くドラマである。

「幽霊をつかまえろ」が、“行動優先”の鉄道警察隊の新人ムン・グニョン(ユリョン役)、“原則第一”の鉄道警察隊の班長キム・ソノ(コ・ジソク役)が初めて現場に出動する姿が描かれた第1話の予告編を公開し、視聴者から関心が高まっている。

公開された映像は、瞬く間に電車内で乗客のものを全部盗んでしまうメトゥギテ(スリ軍団)の登場から始まる。これに「始発から終電まで回って、また回って」というキム・ソノの戦略と共にメトゥギテを一気に捕まえるために奮闘する正反対な性格の相棒、ムン・グニョンとキム・ソノの活躍が期待を高める。特に、尋常でない雰囲気を与えるムン・グニョンの存在感が、視線を奪った。地下鉄のスリを背負い投げで制圧し、犯人を追うため、2階建てのビルから躊躇せず飛び降りる姿からは並々ならぬ性格が感じられる。

一方でキム・ソノは、ムン・グニョンと正反対な姿で注目を集めた。犯人の後ろを追う緊迫した状況でも「停止線を越えるから後進」と言いながら、「停止ライン違反は絶対禁物」と叫ぶなど、ムン・グニョンの情熱あふれる姿とは正反対の姿で笑いを誘った。どんな状況でも原則を徹底して守るキム・ソノが、ハツラツとした魅力の新米ムン・グニョンを迎え、これから繰り広げられる茨の道が、お茶の間に愉快な笑いを届けると予想される。

「幽霊をつかまえろ」第1話の予告編はたった30秒に過ぎないが、目が離せない展開でドラマの雰囲気を盛り上げた。そして正反対の相棒ムン・グニョン&キム・ソノの捜査がどのように描かれるのかに、早くから関心が高まっている。

tvN新月火ドラマ「幽霊をつかまえろ」は、韓国で10月21日の午後9時30分に放送がスタートする。

記者 : パク・ソヨン