BTOB ヒョンシク、1stソロアルバム「RENDEZ-VOUS」をリリース“僕自身が少しでも満足して軍隊に行きたいと思った”

TVREPORT |

写真=CUBEエンターテインメント
BTOBがアイドルグループとしてトップの座に着く過程で「Missing You」という歌は大きな力となった。同曲は現在も音楽配信チャートにランクインしている。その「Missing You」に、メンバーのヒョンシクは作詞作曲編曲すべてに参加している。グループの成長を見ながら、ファンに愛される幸せを知ったヒョンシクだが、いざソロアルバムを発売するとなったら「成績に関して、欲はない」と言った。

“ヒット曲メーカー”と呼ばれているヒョンシクが、デビュー7年目で初のソロアルバム「RENDEZ-VOUS」を発売した。これまで手掛けたBTOBのナンバーがいい反響を得ただけに、今回のソロアルバムの成績に対する期待もあったはずだ。しかし、最近ソウル城東(ソンドン)区にあるCUBEエンターテインメントの事務所で会ったヒョンシクは、予想とは違う思いを明かした。

ヒョンシクは「BTOBの曲を手掛けながら、いつも満足することはなかったです。今回のソロアルバムは、僕自身が少しでも満足できたらと思って行った作業でした。音楽配信ランキングのような結果に関しては、欲張っていないです。僕自身が少しでも満足して軍隊に行きたいと思いました。そうでない状態で軍隊に行くと、本当に苦しくなりそうで(笑)。長い時間夢見てきた瞬間なので緊張もしているし、期待も大きいと思います。プレッシャーも感じています」

続けて「BTOBのヒット曲を自ら手掛けてきただけに、今回のソロアルバムも全曲を自作曲で埋めました。一人で作詞作曲編曲をすべて行うのは大変だと知っていましたが、他の作曲家の曲を貰おうと思ったことは一度もなかったです」と語った。

ヒョンシクは「僕が表現したいことをやってみたかったです。軍入隊を控えて時間的な圧迫感もありましたし、『ブランクの間、ファンのみなさんが待ちながら疲れただろう』とも思いました。それで焦る気持ちもありました。もっと良いものを作りたい気持ちで、ストレスもありました。満足度は、10点満点中7点をあげたいです。個人的に、少し物足りなさも感じますが、それは今後出る他のアルバムを通じて埋めていきたいです」と明かした。

また、「アルバムの収録曲を作る過程で、一からやり直すことが何回もありました。トラックは気に入っても、メロディーが気に入らないケースでした。すべての曲をレコーディング中に少しずつ修正しながら仕上げました」

続いて「タイトル曲『DEAR LOVE』は、トラックが最も遅く出たので僕を一番苦しめた曲でした。『DOCKING』は作っておいたサビを全部消して、レコーディング中に即興的に作り直しました。それがもっと気に入りました(笑)」

ここまで丁寧に仕上げたヒョンシクの1stソロアルバムを聴いたメンバーたちの反応は、いかがだっただろうか。ヒョンシクは「すべてのメンバーに聴いてもらえたわけではないけれど、アルバムを先に聴いたミンヒョク兄さん、チャンソプ兄さん、イルフンは心から好きになってくれました」と言った。

「チャンソプ兄さんとミンヒョク兄さんが軍隊で休暇を貰って出てきた時に聴かせました。ミンヒョク兄さんは『誰が聴いてもヒョンシク』と言ってくれました。チャンソプ兄さんは、なんとなく好きになってくれるだろうと思っていたけど、本当に心から好きになってくれました。イルフンも同じです。自分に自信がなくて満足できず、他の人の意見をたくさん聞いていました。幸い、周りの反応は良かったけど、僕はずっと満足できずにいました」

父で歌手のイム・ジフンの応援もあった。ヒョンシクは父が普段とは違う反応だったと明かした。

「父には、僕の家に車で送ってくれた日に聴かせましたが、本当に良いと言ってくれました。BTOBのアルバムを聴かせた時よりも良い反応でした。普段も音楽においてのアドバイスをよくしてくれます。『この部分では、楽器の構成を少し減らしてみて』とか、そういう助言です。今回はそのような言葉がなく『本当に素敵で、よく仕上げた』と言ってくれました」

記者 : キム・ミンジ