ITZY&シン・イェウン、10月18日開催の「第21回富川国際アニメーションフェスティバル」開幕式に出席

TVREPORT |

写真=JYPエンターテインメント
ITZYと女優シン・イェウンが、「第21回富川(プチョン)国際アニメーションフェスティバル(以下、BIAF2019)」の開幕式に出席する。

ITZYは今月18日午後7時、韓国漫画博物館で開かれる「BIAF2019」開幕式の祝賀公演のステージに立つ。今年最高の新人として浮上しただけに、洗練されたパフォーマンスを披露すると期待される。

「BIAF2019」国際競争部門に進出したミュージカル・アニメーション「プリンセスアヤ」でそれぞれアヤ姫役とバリ王子役を演じ、声の演技と歌を披露した先輩歌手ペク・アヨンとGOT7のジニョンを応援する。

シン・イェウンは「BIAF2019」の広報大使として開幕式に出席し、花を添える。プレイリストのウェブドラマ「ATEEN」ならびに各種ドラマとバラエティ番組で活躍し、ライジングスターとなったシン・イェウンは、NAVER TV「BIAF2019」チャンネルで作品を推薦するなど、広報大使としての力量を発揮している。シン・イェウンは開幕期間、劇場で上映される“エチケット映像”でも観客に会う。

片渕須直監督、チョン・ダヒ監督、イ・ソンガン監督など、世界的なアニメーション制作陣もこの場に出席する。

「BIAF2019」は18日の開幕式を皮切りに22日まで富川市役所、韓国漫画博物館、CGV富川、MEGA BOX COEXなどで開かれる。開幕作は湯浅政明監督の「きみと、波にのれたら」だ。

写真=BIAF事務局

記者 : キム・ミンジ