チョン・ウヒ主演、映画「Vertigo」観客の熱い応援で前夜公開が決定…10月16日に変更へ

MYDAILY |

写真=Triple Pictures
映画「Vertigo」(監督・チョン・ゲス、配給:Triple Pictures)が映画を待っている観客たちの熱い応援に力を得て、公開日の前日である今月16日に公開する。

映画「Vertigo」はめまいがする日常、高層ビルの事務室の中で墜落の恐怖に耐えていたソヨン(チョン・ウヒ)が、高層ビルのガラスを清掃する人物とガラス越しに見つめ合うストーリーを描いた映画だ。

「Vertigo」の関係者によると、今回「釜山(プサン)国際映画祭」を通じて公開されて以来、私たちの日常を熱く癒してくれる映画として好評を受け、映画ファンたちの間で“必ず見るべき映画”として浮上した。早く見たいという観客たちの期待と声援に恩返しするため、前夜公開を確定したのだ。

多様な色彩を持つ演出でシネフィルから大人気を受けているチョン・ゲス監督と、信じてみる女優チョン・ウヒの出会い、そして「Leto」以来人気を受けているユ・テオと、忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞)に現れた独自な新人チョン・ジェグァンが披露する輝く熱演を前もって確認することができる前夜公開の確定ニュースに、映画ファンたちの期待が高まっている。

「Vertigo」は韓国で16日午後5時、前夜公開される。

記者 : シン・ソウォン