ソルリさん出演バラエティ「アクプルの夜」に批判の声…番組廃止の要請まで

OSEN |

写真=OSEN DB、JTBC
ソルリさんの突然の悲報が伝えられた中、出演していた「アクプルの夜」に対する批判と共に廃止を求める声が相次いでいる。

JTBC2「アクプルの夜」は、スターたちが自身たちにつきまとう悪質な書き込みに直接対面し、これに対して率直な思いを打ち明ける“悪質書き込みのセルフ朗読トークショー”だ。

インターネットとSNSの発達によって、悪質な書き込み問題が時代の話題として浮上しているという点に着目した番組で、スターたちはこの番組に出演して、自身につきまとう悪質な書き込みをオフラインに出し、これに対して虚心坦懐に胸の内を明かしてきた。

「アクプルの夜」は、単に悪質な書き込みを読み上げることで終わるものではなかった。悪質書き込みを残す人々に厳正に対応する方法もあるが、この番組に出演した芸能人たちは直接悪質な書き込みを読んで、間違っている内容については釈明し、根拠なしに悪質な書き込みを書いた人々には厳しく指摘した。

ほとんどの芸能人は悪質な書き込みにそのまま露出されており、悪質な書き込みを完璧に遮断することができない状況で活動している。そのため「アクプルの夜」に出演して、悪質な書き込みを読み上げ、悪質書き込みを残す人々に公開的に注意を呼びかけた。これに先立って、BewhYはマネージャーを説得して出演し、H.O.T.のトニー・アンは事務所には知らせず出演したほど、自身に対する悪質な書き込みに正面から対応した。

MCのシン・ドンヨプをはじめ、キム・ジョンミン、キム・スク、そしてソルリさんは「アクプルの夜」番組の趣旨に大きく共感し、初放送で悪質な書き込みを読みながら苦言を呈した。

“イシューメーカー”として様々な視線を集めていたソルリさんも、初放送から自身に対する悪質な書き込みを自ら読み上げて、悪質な書き込みを残す人々をドキッとさせる痛快な発言で注目を集めた。SNSでの議論については、自身の考えを率直に言って、女性の共感を得て、多くの支持を受けた。

キム・スクが「悪質な書き込みのため社会問題も生じるが、私たちは悪質な書き込みを助長する番組ではない。悪質な書き込みが消えたら『アクプルの夜』もなくなる」と明らかにしたように、ソルリさんはゲストたちの話に共感し、悪質書き込みに対して指摘し「アクプルの夜」を通じて悪質な書き込みに堂々と向かい合い、MCたちと一緒に社会問題として浮上している悪質な書き込み文化に変化をもたらすために努力した。

そんな中、14日の突然の悲報は衝撃的だった。ソルリさんが悪質な書き込みが多い芸能人の一人とされてきただけに、悪質な書き込みの問題が話題として浮上し、その後一部のネットユーザーたちは「アクプルの夜」を批判し、廃止まで求めた。

「アクプルの夜」は、悪質な書き込みを助長するのではなく、社会問題である悪質な書き込みの文化を改善するために努力し、ソルリさんもそこに参加した。しかし、ソルリさんの悲報で、出演していた「アクプルの夜」がネットユーザーから非難を受けている状況だ。

記者 : カン・ソジョン