「PRODUCE48」出身ALEXA、10月21日にデビュー決定!人工知能ロボットになった姿を予告映像で公開

Newsen |

写真=ZB LABEL
クリエイティブグループZANYBROS初の自主制作アーティストALEXAが、画期的なコンセプトで音楽界にデビューする。

ALEXAは14日午前、公式SNSアカウントを通じて、21日午後12時に発売する1stデジタルシングル「Bomb」の予告映像「AWAKENING」を公開した。

同映像は、「ZB CORP PROJECT 0」を通じて作られたAI(人工知能)のALEXAが、誰かに連れていかれ、捨てられる場面から始まる。電源が切れたように見えたALEXAは、自身を連れてきた人が去った後に再び目覚め、「PROJECT 0」という人工知能の音声と共に予告映像は終わる。

12日に公開された予告映像がALEXAの制作過程を見せたとしたら、「AWAKENING」の予告映像は、完成したALEXAが覚醒する姿を描き、興味をそそる。

ここに大作SF映画を連想させるような華やかな映像と巨大なスケール、好奇心を刺激する奥深い世界観などがALEXAのデビューシングルへの期待をより一層高めている。

ALEXAはZANYBROSのレーベルZB LABELが初めて披露する自主制作アーティストで、優れたボーカルとパフォーマンスの実力を兼ね備えているという。昨年にはアレックス・クリスティンという名前でMnet「PRODUCE48」に出演し、強い印象を残した。

ZANYBROSは防弾少年団、EXO、少女時代、SUPER JUNIOR、MAMAMOOなど、韓国最高のアーティストたちのミュージックビデオをはじめ、CM、映画、テレビ番組などを制作した韓国最大手のクリエイティブグループである。初の自社制作アーティストALEXAをはじめ、ミュージックビデオの制作会社からマルチエンターテインメント・コンテンツ制作会社に分野を拡大している。



記者 : ファン・ヘジン