SUPER JUNIOR、全員が兵役を終え…特別な思いを込めたコンサートを披露「朝4時まで最終確認」

OSEN |

写真=SJレーベル
SUPER JUNIORは全員が兵役を終えて集まった感想を語った。

SUPER JUNIORは13日午後、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園KSPO DOMEで単独コンサート「SUPER JUNIOR LD TOUR-SUPER SHOW 8:INFINITE TIME」を開催した。

SUPER JUNIORは、5月に除隊したキュヒョンの合流で、兵役による10年のブランクを終えた。

リョウクは「ついにメンバー全員揃った。とても気持ちが良いし、実は昨日眠れなかった。心臓の鼓動が早くなって、ずっと緊張してたと思う。皆に会うことを考えてワクワクしたし、コンサート会場が満席になるか不安だった。でも、ファンの皆がたくさん来てくれたので感謝している」とコメントした。

15日に誕生日を迎えるドンヘは、ファンとメンバーたちにいち早く誕生日を祝って貰った。ファンとメンバーからのバースデーソングが終わると、ドンヘは「僕は誕生日に入隊した。もう別れることはないと思う。公演が始まる瞬間から涙が出そうだった。今日は本当にたくさんの方に来てもらったので、昨日より頑張る」と語った。

キュヒョンは「久しぶりにこのように『SUPER SHOW』にの舞台に立てた。ファンの皆様の前で、少し恥かしいけど感謝を伝えたい。昨日公演をして、今回の公演は本当に息をする暇もなく走っていくんだなと感じた。皆も、もし楽しいと感じたら一緒に立ち上がって楽しんでもらいたい」と会場を盛り上げた。

今回の公演の総演出を担当したウニョクは、「時間を割いて来てくれた分、後悔させない公演を披露できるように頑張る。最終確認も朝4時までした」と気合い十分に意気込みを語った。

続けて「兵役を終えたSUPER JUNIORのメンバーたちがファンと限りない時間を一緒に過ごしたいという気持ちを込めて舞台を構成した。史上最高のコンサートになると胸を張って言える」と自信を示した。

記者 : シム・オンギョン