SUPER JUNIOR イトゥク、防弾少年団 J-HOPEの家族との親交を明かす「サウナで声をかけられて…」

OSEN |

写真=「知ってるお兄さん」放送画面キャプチャー
SUPER JUNIORのイトゥクが防弾少年団のJ-HOPEとの特別な縁について明かした。

12日に韓国で放送されたJTBC「知ってるお兄さん」には、SUPER JUNIORが出演した。この日、番組のレギュラーメンバーであるヒチョルは、メンバーたちと一緒に教卓の前に立ち、ゲストとしての役割を果たした。

この日イトゥクは、「サウナに行くと年配の方々に声をかけられることが多い。ある日サウナに行って体を洗っていたら、ある方が近づいてきて『うちの息子も芸能人なんだけど』と言って、防弾少年団 J-HOPEの父親だと言った」と話した。

続いてイトゥクは「J-HOPEのお父さんが『防弾少年団はSUPER JUNIORのお兄さんたちが本当に好きだ。これからも今までのようにずっと長く活動してほしい。うちの息子も同じように長く活動できたらいいなと思っている』と話した」と述べた。

さらにイトゥクは「数日後、J-HOPEのお母さん、おばさんまで道端で僕に声をかけてくれた」と話し、笑いを誘った。

続いてイトゥクは「僕はJ-HOPEのお父さんと仲良しだ(笑)。J-HOPEの電話番号は知らないが、お父さんの番号は知っている。僕がある授賞式でMCを務めたことがあるが、防弾少年団が受賞した。あの日、他のメンバーは皆感想を述べたが、J-HOPEだけ話さなかった。それで僕がJ-HOPEさんも一言お願いします、と生放送で声をかけた。J-HOPEに気を配りたかった」と明かした。

SUPER JUNIOR イトゥク、愛犬と一緒に…神秘的な雰囲気のグラビアを公開

SUPER JUNIOR、本日より単独コンサート「SUPER SHOW 8」がスタート!9thアルバムの新曲を初披露

記者 : キム・ボラ