“海外歌手で初めて”防弾少年団、サウジアラビアのスタジアム公演が大成功!約3万人のファンを魅了

TVREPORT |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が海外出身アーティストとしては初めて、サウジアラビアで単独スタジアムコンサートを成功させた。

昨日(11日、現地時間)、防弾少年団はサウジアラビア・リヤドのキング・ファハド国際スタジアムでツアーコンサート「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」を開催し、約3万人の観客を動員した。

今回のコンサートは、防弾少年団が中東地域で開催した初の単独公演であり、サウジアラビアで海外アーティストとしては初めてスタジアム規模の公演を開催することで、開始前から全世界の注目を浴びた。

「Dionysus」でコンサートの幕を開けた防弾少年団は、メンバー別のソロ曲をはじめ「Not Today」「Best Of Me」「Boy With Luv」「IDOL」「FAKE LOVE」「MIC Drop(Remix)」などヒットナンバー24曲を熱唱した。

ファンたちは、防弾少年団のペンライトである“ARMY BOMB”を振りながら韓国語の歌を歌うなど、約3時間に渡って行われた公演に熱気を加えた。防弾少年団はステージの合間にアラブ語で公演に関する感想、感謝の挨拶を伝え、ファンの声援に応えた。

サウジアラビア公演を成功させた防弾少年団は「今日は、長い時間を待ってくれたファンのためのフェスティバルのような場だ。信じられないこの瞬間を作ってくれたARMY(防弾少年団のファンクラブ名)に感謝している。遠くにいる私たちに大きな愛を注ぎ、応援していることを知っている。今日のこのステージを永遠に忘れない。今回の公演を生中継で一緒に楽しんだ全世界のファンにも感謝している」と公演の感想を伝えた。

防弾少年団は26~27日、29日の3日間に渡ってソウル蚕室(チャムシル)オリンピックメインスタジアムで「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF [THE FINAL]」を開催し、昨年8月から展開してきたツアー「LOVE YOURSELF」を締めくくる。

記者 : チョ・ヘリョン