防弾少年団の成功の秘訣は?Big Hitパン・シヒョク代表が告白「時代を語るメッセージが大衆に確信を与えた」

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が、アメリカの時事週刊誌タイムズ紙と行ったインタビューが8日(現地時間)Webサイトに掲載された。今回のインタビューは先月初旬、アメリカ・ロサンゼルス現地で一時間半に渡って行われた。

タイムズ紙は、パン・シヒョク代表を「世界最高のボーイバンド防弾少年団の制作者だ」と紹介し、彼が率いるBig Hitエンターテインメントを「現在、音楽業界で最も興味深い研究事例だ」と評価した。そしてインタビューでは、特に防弾少年団の「グローバルな成功の秘訣」、その中でも「アメリカの音楽市場における成功方程式」について集中的に紹介した。

インタビューでパン代表は、「成功に対する正確な理由の分析は難しいが、いわゆるアメリカの“主流”とは異なるアプローチ方法をしたのは明らかだ。最も重要なのは“音楽”、そしてファンと直接コミュニケーションして積み重ねてきた“ロイヤリティ”が大きな役割を果たした」と説明した。

これに加えてパン代表は、「防弾少年団の現代精神を語るメッセージが、ちょうどアメリカに合っていたようだ」と分析し、「防弾少年団は、多様性を尊重し、時代の痛みを直接語り、デビュー後一度も自分たちの音楽的志向を変えておらず、大衆に確信を与えた」と語った。

パン代表は、“工場型K-POP”に対する西洋社会の偏見に対しても自身の考えを語った。彼は「アメリカのアーティストがメジャーレーベルと契約するまで、“アンダー”で数年間活動する。一方、韓国ではこの期間中に“練習生”としてトレーニングを受ける。どんな方法がアーティストにもっと得になるかは、論争してみる価値のある問題だ」と話した。また、K-POP歌手たちが自作曲を歌わないという指摘に対しても、「歌手は、基本的に“パフォーマー”であるため、素晴らしいパフォーマンスだけでも大衆に十分感動を与えて、魂を伝えることができている」と強調した。

彼はBig Hitの練習生に対する教育形態について「Big Hitはその代わり、練習生期間中に音楽のスキルにだけ集中するのではなく、社会性を含む“アーティストとしての人生”全般の教育に多くの投資をしている。防弾少年団の成功以来、メンタリングを強化するなど、普通の学校のようにシステムを変えている」と説明した。

最近、Big HitのSource Musicの買収など、マルチレーベル体制への変化しつつある。これについてパン代表は、「Source Musicと一緒に新しいガールズグループのためのグローバルオーディションを展開しており、既存のK-POPアーティストとは異なる方法でアプローチする予定だ。これからBig Hitがどんな方法で音楽市場を拡大させて行くのか注目してほしい」と強調した。

最後にパン代表は、防弾少年団とビートルズとの比較について、「ありがたいことに、防弾少年団が“21世紀のビートルズ”と呼ばれる背景は、“グローバルの巨大ファン層を通じて産業の秩序を変えている点”“新しい形のコミュニケーションを作っている点”のおかげだ。こんな光栄なタイトルがずっと続くことを願っており、海外メジャー授賞式、特にグラミーで良い結果を上げることを期待している」と伝えた。

Big Hitパン・シヒョク代表が語る #防弾少年団の成功を予感した時期 #K-POPアーティストに必要なもの

“防弾少年団が所属”Big Hit、今後のビジョンを発表…公演会場の改善から新人ガールズグループまで(総合)

記者 : ソン・ミギョン