防弾少年団 J-HOPE、ソロ曲「Chicken Noodle Soup」が米ビルボード「HOT100」にランクイン!

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団のJ-HOPEがイギリスのシングルチャートに続き、米ビルボードのチャートにもランクインした。

7日(現地時間)、ビルボードは公式ホームページに、J-HOPEが先月27日に発表した「Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)」に関する特集記事を掲載し「J-HOPEがBecky Gとコラボしたソロ曲がビルボード『HOT100』で81位を獲得した」と報じた。

ビルボードは「J-HOPEがK-POPアーティストとしては6番目に、ソロとしては3番目にビルボード『HOT100』にチャートインする記録を立てた」と伝えた。

また「『Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)』は『ワールドデジタルソングセールス』で1位を獲得し、これは2018年に発表したJ-HOPEの1stミックステープ『Hope World』のタイトル曲『Daydream』以来、2回目である」と説明した。

J-HOPEは音源公開直後アメリカ、カナダ、フランス、ブラジルなど、全世界69ヶ国及び地域のiTunes「TOP SONG」チャートで1位、イギリスの「全英シングルチャートTOP100」で82位を獲得するなど、全世界で爆発的な反応を得ている。

「Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)」は、J-HOPEがダンスを習い始めた時に接した音楽であるWebstarとYoung Bの「Chicken Noodle Soup(AG aka The Voice of Harlem)」からサビを引用し、J-HOPEだけのスワッグ溢れるスタイルで表現した曲だ。アメリカの歌手Becky Gがフィーチャリングに参加したのはもちろん、ミュージックビデオにも一緒に出演し人気アーティスト同士のコラボで話題を集めた。この曲の歌詞には韓国語、英語、スペイン語など3ヶ国語が含まれており、J-HOPEとBecky G、50人のダンサーたちが参加したミュージックビデオは、文化的多様性と大衆性が際立っているという評価を受けている。

J-HOPEは音源公開と同時に、全世界40ヶ国及び地域でTikTokを通じてグローバルプロモーション「CNSchallenge」を行っている。

写真=Big Hitエンターテインメント

記者 : ヨ・ドンウン