キム・レウォン&コン・ヒョジン主演「最も普通の恋愛」公開5日で観客100万人突破!「私のオオカミ少年」とタイ記録

TVREPORT |

写真=NEW
映画「最も普通の恋愛」が公開5日目である6日(日)に、観客100万人を突破した。

映画「最も普通の恋愛」が観客たちの口コミに支えられ、公開5日目である6日の午後5時に、観客100万人を突破した。これを受け「最も普通の恋愛」の主演キム・レウォン、コン・ヒョジン、カン・ギヨンが愉快な雰囲気を伝える、観客100万人突破を感謝する認証ショットを公開した。

「最も普通の恋愛」は、元カノに傷つけられたジェフン(キム・レウォン)と、元カレに裏切られたソニョン(コン・ヒョジン)2人の男女の率直でストレートな現実ロマンスを描いた作品である。実力派俳優たちの完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性)、愉快な笑いと共感を呼ぶストーリーで熱いヒットを続けている。

「最も普通の恋愛」は、恋と恋愛に対するちょっと変わったストーリーで観客を虜にした「私の妻のすべて」(最終459万8583人)の公開7日目、2018年ロマンス映画の最高ヒット作である「君の結婚式」(最終282万969人)の6日目、「いま、会いにゆきます」(最終260万2273人)の7日目の100万人突破記録をすべて更新したのはもちろん、公開5日目に観客100万人を突破した韓国ロマンス映画の最高ヒット作である「私のオオカミ少年」(最終665万4,837人)と同じスピード、2012年公開された「私のオオカミ少年」以来7年ぶりのタイ記録で視線を集める。

「最も普通の恋愛」は現在、韓国全国の劇場で絶賛上映中だ。公開2週目にもヒットの熱気を続けていくとみられる。

記者 :   ソン・ヒョジョン