BTOB イルフン「アイドルラジオ」から降板…ヒョンシク&プニエル&B1A4 サンドゥルがサプライズ登場

Newsen |

写真=MBCラジオ

BTOBのイルフンが「アイドルラジオ」から降板した。

約1年間、MBC標準FM「アイドルラジオ」のパーソナリティーを務めたイルフンは9月30日、最後の挨拶を伝えた。

同日の放送にはDJイルフンと長い間「のばら少年」コーナーを共にしてきたSF9のフィヨンとTHE BOYZのヨンフンが出演した。出演できなかったASTROのムンビンは、「イルフンの行動と言葉は、いつも僕たちの心に残って記憶されると思います」というメッセージで寂しい気持ちを伝えた。

BTOBのヒョンシクとプニエルも上岩(サンアム)MBCガーデンスタジオを訪れ、イルフンを応援した。服役中のBTOBのウングァンとミンヒョクは音声メッセージでイルフンを激励した、ソンジェはドラマの撮影現場から電話を通して参加し、面白いトークを披露してイルフンの最後の放送を応援した。

MBC標準FM「星が輝く夜に」のパーソナリティーを務めるB1A4のサンドゥルもスタジオにサプライズ登場し、DJイルフンに惜しみない拍手を送った。この他にもASTROのMJ、OH MY GIRLのヒョジョン、JBJ95のキム・サンギュン&高田健太、宇宙少女のヨンジョン、Stray Kidsのヒョンジン、Apinkのオ・ハヨン、Wanna One出身のハ・ソンウン、ASTROのユン・サナなど、多数のアイドルスターが挨拶し、DJイルフンの一年間の努力を察することができた。



これにイルフンは淡々とした口調で最後の感想を語った。イルフンは「昨年10月4日のローンチショーを皮切りに今日まで約1年間、アイドルラジオのDJとして皆さんにお会いました。初放送から358日になりました。あと一週間で365日になるのに少し惜しい数字です」と話し、皆に感謝を伝えた。

また、これまで出演した数々のアイドルに向けてイルフンは、「いつも無理なお願いをしても一生懸命に答えてくれる姿を見て深い感銘を受けましたし、学んだことも多いです。皆さんのおかげで『アイドルラジオ』が輝きました。『先輩、ありがとうございます』と感謝の気持ちを伝えるアイドルたちも居ましたが、そのような言葉を聞いて『頑張らなきゃ』と思いました」と話した。

続けてイルフンはリスナーに「毎晩聞いてくださったアイドルファンの皆様、リスナーの皆様に心から感謝を申し上げます。いつも愛してます。リスナーの皆様のおかげでルンディ(イルフンのあだ名)がいました」と感謝を伝えた。

制作陣に感謝の気持ちも忘れなかった。イルフンは「いつも愛してくださっている制作陣の皆様にも心より感謝します。未熟なDJの面倒を見てくれてありがとうございました。いつかまた会いましょう」と再会を約束した。

サプライズプレゼントがたくさん用意された同日の放送でイルフンは「たくさん愛された気がします。これほど祝福されたDJがいるのか?と思います」と感激した様子を見せた。

記者 : パク・スイン