Big Hitエンターテインメント、防弾少年団の肖像権・商標権の無断使用に対する公式コメントを発表「管理を強化する」

Newsen |

Big Hitエンターテインメントが所属グループ防弾少年団の肖像権、商標権の無断使用について公式コメントを発表した。

Big Hitは24日午後、公式Twitterを通じて「最近、防弾少年団の肖像権、商標権などを使って出版される書籍が増えている。弊社と弊社のアーティストは公式チャンネルを通じて発売した書籍を除き、批評あるいは伝記に関連するいかなる書籍の出版にも関与したり、協議した事実がない」と明かした。

続けて「それにもかかわらず最近、弊社の許可を受けた公式書籍として宣伝、販売されている出版物が増えており、ファンの皆様と関係者の皆様の混乱を防止するためお知らせしたい」とし「これらの書籍の販売や流通による利益はアーティストと関係がない。この出版物を利用した関連事業に被害を受けないよう注意してほしい」と呼びかけた。

最後にBig Hitエンターテインメントは「弊社は、弊社のアーティストの肖像権、商標権などを無断で使用した書籍に関してさらに管理を強化する予定」とし「正式なライセンス契約を通じて、今後発売される公式の書籍は、Big Hitの公式チャンネルを通じてお知らせする予定だ」と付け加えた。

記者 : ファン・ヘジン