ク・ヘソン、アン・ジェヒョンとの離婚訴訟に…反訴を提起「写真などの証拠資料を提出する」

Newsen |

写真=Newsen DB
女優ク・ヘソンが俳優アン・ジェヒョンとの離婚訴訟に反訴を提起する。

ク・ヘソンの法律代理人である法務法人リウは24日、アン・ジェヒョンとの離婚訴訟に関する立場を明かした。

ク・ヘソン側は「アン・ジェヒョンがク・ヘソンを相手に9日、離婚訴状を提出した」とし、「婚姻関係破綻の帰責事由はアン・ジェヒョンにあると判断し、答弁書と共に離婚訴訟の反訴を提起する計画だ」と伝えた。

さらに「ク・ヘソンはこれまで主張してきた事実に対する証拠資料(写真含む)をすべて提出し、訴訟を行う」と付け加えた。

【ク・ヘソンの法律代理人 コメント全文】

本法務法人はク・ヘソンさんの代理人として、本法務法人を通じて2回目のク・ヘソンさんの公式立場を発表します。

このように公式立場を明らかにする理由はこれまで、そして最近、ク・ヘソンさんの離婚に関する関心が高まり、様々な問い合わせが殺到している中、一部変化した部分もあり、これを明確にお知らせするためです。

まず、アン・ジェヒョンさんがク・ヘソンさんを相手にソウル家庭裁判所に2019年9月9日に離婚訴訟を提起し、ク・ヘソンさんには2019年9月18日に送達されました。

ク・ヘソンさんは何回も家庭を守りたいという意を表明しましたが、このように訴訟まで提起された状況で、これ以上家庭を守ることは難しいと思い、これからはク・ヘソンさん本人を守るため、そして婚姻関係破綻の帰責事由はアン・ジェヒョンさんにあると判断し、近いうち答弁書と共に離婚訴訟の反訴をソウル家庭裁判所に提出する計画です。

それと共に同訴訟でク・ヘソンさんはこれまで彼女が主張した事実を裏付ける資料(写真含む)を全て提出し、訴訟を提起することをお知らせ致します。

記者 : パク・スイン