ジュンス、日本ファンミーティングが大盛況のうちに終了…心を震わす歌声にファン感動

KSTYLE |

写真=©JX Entertainment/宮澤正明写真事務所
9月21日と22日に幕張メッセでジュンスの除隊後初の日本ファンミーティングの東京公演「2019 XIA FANMEETING ~HOME PARTY~ NIGHT」が行われた。

今回の公演は、8月にエディオンアリーナ大阪で行われた「2019 XIA FANMEETING ~HOME PARTY~ DAY」と楽曲を一部変えて行われるということもあり、多くのファンが会場につめかけた。

ファンミーティングのタイトル「HOME PARTY」の通り、ステージにはジュンスのソウルの家を再現して大きな白いソファや照明が置かれ、ジュンスが作詞・作曲したバラードでファンからの人気も高い楽曲「露を宿した木」から本格的にホームパーティーがスタートした。

ジュンスの美声を堪能できるバラードが終わると、今回のファンミーティングで初公開となったジュンスの自宅紹介のコーナーへ。ソウルの中心部を流れる漢江が美しく見える高層マンションで、まるでセレクトショップのように飾られたバック、アクセサリーやシューズなどが美しく並べられた部屋や、モダンなイメージでまとめられたゲストルーム、ゴージャスなソファセットやマッサージチェアが置かれたリビング、豪華なキッチン、超プライベート空間でもあるベッドルーム、クローゼットまでを大公開。そんなゴージャスな部屋のなかで、慎ましくお茶を飲む姿や、少し恥ずかしそうに自宅を紹介する姿にファンからは「かわいい!」という声が何度も上がっていた。

写真=©JX Entertainment/宮澤正明写真事務所
自宅紹介の後は、ドラマのOSTとして発表された曲で、“僕を頼って”と愛する人に向けて優しく語り掛けるバラード「Lean on me」を披露。続いてミュージカル俳優の先輩たち、音楽監督からの映像メッセージが流れると、ジュンスの人柄がわかるエピソードの数々に会場もほっこりした雰囲気に。その後のトークコーナーでは、今年の夏まで出演していたミュージカル「エクスカリバー」についてや、「いつか日本で、日本語で、日本の俳優さんたちと一緒にミュージカルにチャレンジしたいと」と今後の活躍に期待したくなる様な抱負まで公開した。今後のミュージカル俳優ジュンスの活躍にも期待が高まったところで、ミュージカル「エクスカリバー」でジュンスが演じたアーサー王の楽曲「王になるということ」を披露。本番のミュージカルさながら感情を込めながら熱唱する姿は、まさに圧巻の一言だった。

ミュージカル俳優ジュンスを堪能した後は、ジュンスのイベントの定番。ファンからのリクエストにこたえるジニータイムへ。幕張公演初日は、韓国の伝統楽器の演奏、ミュージカルナンバーのアカペラ、そしてなんと5曲ものダンスメドレーを披露。2日目には「明日は来るから」のアカペラや、大阪同様「さくらんぼ」を全員で大合唱するなどサービス精神満点のステージを披露した。初日のダンスメドレーの後には、ステージ上のソファに横たわってしばらく息を整える姿を見せるなど、まさしくホームパーティーならではのプライベートな姿を見せてくれる時間となった。

ライブコーナーでは、東京公演のために準備したという3枚目のソロアルバムに収録されたジュンス作詞曲「Reach」を披露。久々に披露したという切ないバラードが会場に詰め掛けたファンの心を揺さぶった。さらに、アンコールでは自身もつらかった時にこの曲を聞いてパワーを貰っていたという、ジュンスにとって思い出の1曲「上り坂」で、アーティストジュンスとしての確かな実力で観客を圧倒した。

ステージ、トーク、ジニータイムと全ての時間を通して、“アーティスト”ジュンス、そして人間ジュンスとしても魅力あふれるファンミーティングとなった。

写真=©JX Entertainment/宮澤正明写真事務所
【公演概要】
2019 XIA FANMEETING ~HOME PARTY~NIGHT
2019年9月21日(土) 開場 16:00/開演 17:00
2019年9月22日(日) 開場 14:00/開演 15:00
会場:幕張メッセ国際展示場ホール9~11

<セットリスト>
01. 露を宿した木
02. Lean on me
03. 王になるということ ミュージカル「エクスカリバー」より
04. Reach
05. 上り坂

記者 : Kstyle編集部