放送終了「悪魔が君の名前を呼ぶ時」魂を取り戻したチョン・ギョンホ&イ・ソル、それぞれの運命は…

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「悪魔が君の名前を呼ぶ時」放送画面キャプチャー
魂を取り戻した二人が一緒に歌を歌った。

19日に放送されたtvN「悪魔が君の名前を呼ぶ時」では魂を取り戻し、一緒に歌を歌いながら幸せな気分を満喫するハリプ(チョン・ギョンホ)とキム・イギョン(イ・ソル)の姿が描かれた。

ハリプは「全ての法的責任を負うつもりで、もう著作権は主人を探すだろう。これからは音楽をやめる」という映像を残し、ハリプの姿を撮りながら涙を流すチ・ソヨン(イエル)にハリプは「この仕事を終えてこそ僕の魂も安定を取り戻すと思う。これまで苦労した。本当にありがとう」という言葉を残した。

これにチ・ソヨンはソウルエンターテインメントの代表に戻り「全てのことが片付くまで代表役をする」と職員に言ったが、イギョンは「こうすればおじさんの気持ちが楽になると言われましたか」と冷静な反応を見せた。

ハリプは魂が消滅する二日前、砂漠へ向かった。彼は砂漠の真ん中で自分を探しに来たモ・テガン(パク・ソンウン)と出会い、モ・テガンはハリプの魂を回収した。

ハリプの魂を回収して帰ってきたモ・テガンは魂の玉を眺めながら「自分はもう疲れたが、復讐は終わってない」と独り言を言った。この時、天使たちが現れ、モ・テガンは「僕が人間の世界に興味を失っただけだ。僕が自ら選んだ。神に対抗する人は溢れる」と話した。

これに対し、天使は「おまえが消滅しないのは大将の犠牲のためだ」と言いながら地獄に連れて行き、肉体だけ残ったモ・テガンは一人で笑った。モ・テガンが消滅しなかったのは、コン・スレ(キム・ウォンヘ)の犠牲があったためだった。

それから1年が過ぎた。キム・イギョンはファンミーティングの現場に向かい、そこで魂の玉と向き合った。イギョンは舞台に上がり「今日を最後に皆さんに会えないと思う。私の歌が皆さんのところを訪れる」と話した。その後、魂の玉がイギョンの周りに降りてきた。

イギョンは再び1等級の魂を持った以前のキム・イギョンに戻り、これを見守っていたチ・ソヨンは「ハプロデューサーは戻ってくると信じてた。長い間待たせなくてありがとう」と家の鍵を渡した。それからイギョンはハリプの家を訪れ、ハリプと生活した瞬間を思い出し、「おじさん、会いたい」と涙を流した。

ハリプは再びソ・ドンチョンに戻り、モ・テガンの前に姿を現した。しかし、モ・テガンはソ・ドンチョンが誰か知らなかった。それからイギョンはソ・ドンチョンが運営する店が入っているビルのオーナーになって登場した。

どういうことかと聞くイギョンに「死んだと思ったが、生き返った」と言い、砂漠でのことを思い出した。ハリプは砂漠に道を案内していた二人に救助された。モ・テガンが彼らにハリプの魂が入った袋を与え、彼らがハリプに魂を渡したのだ。

ソ・ドンチョンは「僕もこんなに帰ってくるとは思わなかった」と答え、イギョンはまた音楽をしようと話した。その時、ソ・ドンチョンがハリプに変わった。ハリプはソ・ドンチョンとハリプ、二人が共存して生きていると話した。その後、二人は右心房左心室を結成し、一緒に舞台に上がり、歌を歌った。

ハリプは、この全てのことが悪魔のミスでも、神のいたずらでもない自分の意志によるものだったことに気付き、ソ・ドンチョンの姿は悪魔がくれたプレゼントだと思うようにした。それでハリプではなく、ソ・ドンチョンとしての人生を生きていくことにした。

記者 : チョン・ミヨン