ヤン・セジョン&AOA ソリョン&ウ・ドファン&チャン・ヒョク、ドラマ「私の国」キャラクターポスター公開

TVREPORT |

写真=CELLTRIONエンターテインメント、「私の国」文化専門有限会社
JTBC「私の国」がヤン・セジョン、ウ・ドファン、AOA ソリョン、チャン・ヒョクのキャラクターポスターを公開した。

18日、JTBC新金土ドラマ「私の国」側はソフィ(ヤン・セジョン)、ナム・ソンホ(ウ・ドファン)、ハン・ヒジェ(ソリョン)、イ・バンウォン(チャン・ヒョク)のキャラクターポスターを公開した。

高麗末と朝鮮初期を背景にしている「私の国」は、それぞれの信念が語る「私の国」をめぐり対立し、権力と守護に対する欲望を描く作品。

公開されたキャラクターポスターで武士ソフィを演じるヤン・セジョンは、強烈な目つきで剣を抜こうとしている。ポスターに書かれている「強くなる。守らなければならない人がいるから」という台詞は、信念のために不義に立ち向かう彼の剛気を物語っている。

武官ナム・ソンホ役を演じるウ・ドファンは、刀を抜いて横を見ている。「奪ってやる。それが君に背を向けることになっても」という台詞からは階級を乗り越え強い力を夢見ているナム・ソンホの野望が伝わる。

ヒロインのハン・ヒジェ役を演じるソリョンは、固く閉じた唇で優雅なカリスマ性を披露した。「持つよ、力。その力を持って、誰も失わない」という台詞には、ハン・ヒジェの気概が入っている。

イ・バンウォンを演じるチャン・ヒョクは、顔に付いている血も構わない様子だ。「すべてを僕の手に入れます。父上様の国さえも」という台詞は、チャン・ヒョクが演じる冷徹なイ・バンウォンを期待させた。

制作陣は「4人の俳優が強力なエネルギーでキャラクターの完成度を高めるだろう」とし「暗闇の中でそれぞれの光で自身だけの“私の国”を夢見て熾烈に運命を開拓していく彼らのストーリーを見守ってほしい」と強調した。

「私の国」は、「メロが体質」の後番組として10月4日午後10時50分に第1話が放送される。

記者 : ソン・ミンジュ