miss A出身スジ主演、新ドラマ「バガボンド」現場スチールカットを公開…キュート&真剣な2つの表情に注目

MYDAILY |

写真=CELLTRIONエンターテインメント
SBSの新しい金土ドラマ「バガボンド」に出演するmiss A出身スジの二重生活の現場が公開された。

9月20日夜10時より韓国で放送がスタートする「バガボンド」は、民航旅客機墜落事故に関与した一人の男が隠蔽された真実の中で見つけた巨大な国の陰謀を暴き出すドラマだ。家族も、所属も、さらに名前すらも失った“放浪者(Vagabond)”たちの、危険かつ赤裸々な冒険が繰り広げられるスパイアクション恋愛ドラマ。

スジは、国家情報院職員に身分を偽装してモロッコ駐在の韓国大使館の契約社員として勤務するブラック要員コ・ヘリ役を演じる。炎の中で貨物を運び出して戦死した海兵隊の伝説の父親のせいで、ある日突然に女子家長になってしまったエピソードを持ったキャラクターで、可愛らしくも強靭な二重の魅力を持った人物。コ・ヘリは民航飛行機墜落事故が起きた後、思いもよらなかった巨大な事件の渦に巻き込まれ、良心に基づいて真実を暴きだすことになる。スジはいろいろな種類の苦難を経験して成長していく、ヘリの細密かつ複雑な感情線を能動的に表現しきる予定である。

これに関連しスジは、モロッコ韓国大使館領事の部屋の中でミニスカートをはいてストッキングを破るという、大胆かつ挑発的な姿を演出、関心を集中させている。劇中領事の部屋の椅子に座っていたコ・ヘリが、素早い手つきで自分のストッキングをわざと破っているシーンである。続いて、誰かが登場すると、コ・ヘリは平気なふりで眺めながら明るい笑顔と愛らしい眼差しを見せる。

しかし次の瞬間ヘリは表情は急変、誰かと通話をした後、椅子から立ち上がって、壁にかかった太極旗を取り外し、まるで秘密指令でも実行するかのごとく緊迫した状況を繰り広る。国家情報院のブラック要員であるコ・ヘリに上部の作戦指示が出されたのか、その理由と結果に対する好奇心が高まっている。

制作会社CELLTRIONエンターテインメントは「『バガボンド』を通じて、以前とは明らかに変わったスジをそのまま感じるようになるだろう」とし「スジの大活躍で作り上げられた国家情報院ブラック要員コ・ヘリの姿を、本放送を通じて確認してほしい」と伝えた。

一方「バガボンド」は、ユ・インシク監督と「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志」「お金の化身」でユ・インシク監督と呼吸を合わせたチャン・ヨンチョル&チョン・ギョンスン脚本家、「星から来たあなた」「浪漫ドクターキム・サブ」を通じてずば抜けた映像美を誇ったことがあるイ・ギルボク撮影監督が意気投合した作品だ。韓国で9月20日に初放送される。

記者 : イ・イェウン