「コッパダン」コン・スンヨン、Wanna One出身パク・ジフンの手で美しく変身するも…不安が的中

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「コッパダン:朝鮮婚談工作所」放送画面キャプチャー
「コッパダン:朝鮮婚談工作所」でコン・スンヨンが伝統的な婚礼衣装を着た。

17日午後に韓国で放送された総合編成チャンネルJTBC「コッパダン」(脚本:キム・イラン、演出:キム・ガラム)ではイ・ス(ソ・ジフン)がケトン(コン・スンヨン)に気持ちを伝えた。

ケトンはイ・スに「私、お嫁に行けない。兄を探すためにお金も全部使ったし、見つかったら一緒に住む家も探さなければならない。その日稼ぎで生活する私がどうやって結婚するのか。あなたにまでこんな荷を背負わせるわけにはいかない」と話した。

しかし、イ・スは「ケトン、なぜ夫婦が2人か分かる? お互いに荷物を一つずつ載せて行きなさいってことだ。一人で背負って行けばとても手に余るから。君の荷物もここにしばらく載せて」とケトンの手を握った。

イ・スは「一緒に暮らそう」と告白した。ケトンは「イ・スさん」と感動した表情を見せた。

ケトンはコ・ヨンス(Wanna One出身パク・ジフン)にメイクをしてもらい、婚礼衣装を着た。この時雨が降り、ケトンは「雨が降ると縁起が悪い」と不安を感じた。この時、マフン(キム・ミンジェ)は「心配するな。何かあったら私が責任を負う。朝鮮最高の仲人がここにいるじゃないか」と無愛想だが優しい心遣いを見せた。

しかしケトンの不安は的中した。「少しの間無礼を許してほしい」と言って刺客が現れ、イ・スを連れていった。

記者 : イ・ソダム