「君の歌を聴かせて」T-ARA ジヨン、ソン・ジェリムに“自首しなさい”と勧誘

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=放送画面キャプチャー
T-ARA ジヨンがソン・ジェリムの元を訪れた。

17日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「君の歌を聴かせて」では、ハ・ウンジュ(T-ARA ジヨン)がナム・ジュワン(ソン・ジェリム)に自首を勧める姿が描かれた。

この日、チャン・ユン(ヨン・ウジン)はハ・ウンジュ(パク・ジヨン)にユン・ヨンギルが死んだ日「ナム・ジュワンを見た。ナム・ジュワン(ソン・ジェリム)がユン・ヨンギルのカバンを持っていった。僕がその姿を撮った」と話した。これに対し、ハ・ウンジュは「まさか指揮者が殺したと疑ってるのか。なぜ? そんな理由はないじゃないか」と話した。

これに対し、チャン・ユンはハ・ウンジュに「ユン・ヨンギルが僕の弟のひき逃げ犯だということは知ってるだろう。ユン・ヨンギルのカバンの中に僕の弟を死なせたものがあると思う。教授たちに配ったボールペン。それを探すのを手伝ってくれ。君、このままナム・ジュワンをほっとくつもりか。その人のこと、好きじゃなかったか」と話した。

これに対し、ハ・ウンジュはナム・ジュワンの元を訪れ「チャン・ユンに会ってきた。1年前、キム・イアンが死んだ現場に指揮者さんがいた。そしてユン・ヨンギルを殺したという話も聞いた」と率直に答えた。続けて「私はカン教授と関わったことが気になる。そのためこの事件に巻き込まれたんじゃないか。指揮者さんはユン・ヨンギルを殺してないでしょう。もし人を殺したなら自首してほしい。そうしてこそ、私が指揮者さんが好きだった時間がもったいなくないと思うから」と自身の気持ちを伝えた。

記者 : チョン・ミヨン