「Welcome 2 Life」ソン・ビョンホ、シン・ジェハのおかげで市長に当選

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「Welcome 2 Life」放送画面キャプチャー
ソン・ビョンホが、妻を殺した婚外子シン・ジェハが言う通りにして、市長に当選した。

昨日(16日)韓国で放送されたMBC月火ドラマ「Welcome 2 Life」第25話で、チャン・ドシク(ソン・ビョンホ)は、妻のウ・ヨンエ(ソ・ヘリン)の死に驚愕しながらも、婚外子であるユン・ピルウ(シン・ジェハ)の言葉に従った。

ウ・ヨンエは、夫のチャン・ドシクの金庫にあった殺人凶器であるハンマーをイ・ジェサン(RAIN)に渡そうとしたところ、ユン・ピルウに拉致されて死亡した。ユン・ピルウは、血まみれの父チャン・ドシクを目の当たりにして「心配しないでください。僕はすべて解決しましたから。今回も僕が父さんを救ったんですね」と話した。

チャン・ドシクは「お前、正気なのか。ジュウォンの母を殺すなんて」と怒ったが、ユン・ピルウは「自分が招いたことです。奥さんが証拠品を持って特殊本部に出席しようとしたんですよ。大変になるところだったよ、父さん」と言った。

チャン・ドシクは「この狂った野郎!」とユン・ピルウを殴ろうとしたが、ユン・ピルウは手で抵抗しながら「まもなく記者たちが集まってきます。こう答えてください。財団で住宅福祉会議をしていたなか、惨事を聞いたと。政策会議中の妻を亡くした市長候補だって。人々を惹き付けそうなストーリーだ」と語った。

チャン・ドシクは、妻を殺した婚外子ユン・ピルウの言う通りにして、市長に当選した。チャン・ドシクが買収した人が、ウ・ヨンエの殺人はもちろん、ムグァン山への密葬、セギョン保育園殺人事件まで自首した。イ・ジェサン&ラ・シオン(イム・ジヨン)は、ウ・ヨンエの死に衝撃を受け、偽犯人の登場に怒りを表した。

記者 : ユ・ギョンサン