放送開始「コッパダン」キム・ミンジェ&Wanna One出身パク・ジフンら、コン・スンヨンとの出会い

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「コッパダン」放送画面キャプチャー
「コッパダン」に新たな任務が舞い込んできた。

16日、韓国でJTBC新月火ドラマ「コッパダン:朝鮮婚談工作所」が初放送された。

朝鮮最高の仲介人マフン(キム・ミンジェ)、漢陽(ハニャン)のホットなセレブリティことコ・ヨンス(Wanna One出身パク・ジフン)、情報屋ドジュン(ピョン・ウソク)からなる花より美しい仲介人の集まりであるコッパダン。コッパダンは、一度結んだ縁は絶対に切れることのない朝鮮最高の仲介人の集まりだった。

コッパダンは各自の才能を生かして、出会いを拒否する運命論者の男女チャン・インソン(SECHSKIES チャン・スウォン)とイ・ウンヨン(パク・スア)を瞬時に夫婦にして見せる姿を見せた。コッパダンの能力はそれほど絶対的であった。

オ婦人宅の結婚の依頼で、ケトン(コン・スンヨン)と縁を持つことになったコッパダン。悪縁のような最初の出会いに、ケトンはマフンが失礼だと思い、マフンは自分をだましたケトンに良い印象は抱かなかった。

腹立たしさを我慢できずにコッパダンの噂を広めるケトン。ここで真実が明らかになった。マフンはオ婦人の秘密を知っていたために、彼らの結婚を妨ごうとし、ケトンは焦ってミスを犯したことを知った。

そんなある日、鍛冶屋のキム・ス(ソ・ジフン)がコッパダンにケトンとの婚姻を依頼した。キム・スは長い時間ケトンに片思いしてきたが、片思いの気持ちを信じられないマフンは、彼の依頼をいつも断った。終わることのないキム・スの頼みに、最終的にマフンは依頼を受け入れた。このように、マフンとケトンの縁がもう一度スタートした。

記者 : イ・スンギル