Hash Swan、インスタで怒りの心境…防弾少年団 ジョングクの熱愛ハプニングに二次被害を訴える「デマに巻き込まれるのも嫌だ」

MYDAILY |

写真=Hash SwanのInstagram
ラッパーHash Swan(ハッシュ・スワン)が防弾少年団のジョングクの熱愛説に関して心境を語った。

Hash Swanは17日午前、自身のInstagramに「止めましょう。歪曲された記事にも呆れたし、音楽をする人なのにこのようなデマに巻き込まれるのも嫌だ。全部確認したぞ。本当に色々な生き方があるんだと思った。『申し訳ない』と言ってくれた人たち、メッセージで『無視してね』と言ってくれた人たち、本当にありがたい」と言うコメントを掲載した。

また、「思ったよりも私のことを好きな人が多いと感じる機会になったと思う。知ってるよ。どうせこのコメントを使って僕を予想外の理由で笑い者にする人が居るということを」と自身の考えを語った。

そして「だから止めましょう。あなたたちはあなたの仕事をして。私は音楽をするから。ちょっと疲れた。正直に言って僕は間違った事はしていない。僕は僕が怒っているということにむかつく。僕自身に。だから何もしないで。皆。頼むよ」と訴え、掲載した投稿の殆どを削除し、ファンたちを心配させた。

これに先立って17日午前、インターネットコミュニティやSNSを中心に、ジョングクの熱愛説を提起する写真が拡散された。巨済島(コジェド)で休暇を楽しんでいるある男性が、女性にバックハグをしている姿が収められた写真だ。ヘアスタイルや服装などを根拠にネットユーザーたちは「防弾少年団のジョングクだ」と推測してこの写真が拡散された。しかし、一部のネットユーザーたちは写真の中の男性をHash Swanだと主張したのだ。

一部のネットユーザーはHash SwanのInstagramにメッセージを送って写真の解明を要求し、Hash Swanは数回に渡って「写真中の男性は自身ではない」と主張した。それにも関わらずHash Swanに対する非難や悪質なコメントは続き、Hash Swanは、そのような悪質コメントやメッセージのキャプチャー画面を公開し「悍ましい。吐きそう」と、心境を明らかにした。

ラッパーHash Swan、久々の来日決定!東京にて9/29(土)イベント開催…撮影会&サイン会も実施

UntouchableのSleepy、新曲「PLACEBO」18日発売…個性派ラッパーHash Swan&G2がフィーチャリング

記者 : イ・イェウン