「メロが体質」ソン・ソック、チョン・ヨビンを不審者から救出

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「メロが体質」放送画面キャプチャー
ソン・ソックが苦境に立たされたチョン・ヨビンを救った。

14日、韓国で放送されたJTBC「メロが体質」第12話では、この世を去った恋人ハン・ジュンウ(ホン・デ役)を忘れず苦しんでいるチョン・ヨビン(イ・ウンジョン役)が、道を歩いている途中、不良者とハプニングになった。

ホン・デが通り過ぎて行くような幻影を見たイ・ウンジョンは、通りすがりの不良者に気づかないまま追いかけようとした。酒に酔っていた不良者に押し付けられ、髪の毛を掴まれた瞬間、イ・ウンジョンの前に黒騎士のソン・ソック(サンス役)が現れた。

不良者を蹴りながら登場したサンスは、不良者たちを簡単に一網打尽にした。サンスが不良者を制圧した後、そこへ駆けつけた警察に、サンスは照れくさそうな顔でイ・ウンジョンを指差し「あの女性を救ってあげました」と言って視聴者たちに笑いを与えた。

新しい恋愛が始まりそうな予感で視聴者たちをときめきさせているJTBCドラマ「メロが体質」は、韓国で毎週金土日、午後10時50分から放送される。

記者 : ホ・ソンチョル