「メロが体質」アン・ジェホン、チョン・ウヒへの気持ちを率直に告白

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「メロが体質」画面キャプチャー
アン・ジェホンがチョン・ウヒに、ストレートに告白した。

昨日(13日)韓国で放送されたJTBC「メロが体質」第11話では、アン・ジェホン(ソン・ボムス)がチョン・ウヒ(イム・ジンジュ)に告白した。

この日の放送では、ぎこちない関係だったアン・ジェホン、チョン・ウヒ、チョン・スンギル(ソン・インジョン役)、ペク・ジウォン(チョン・ヘジョン役)、イ・ユジン(キム・ファンドン役)が一堂に会してお酒を飲んだ。アン・ジンジュの先輩だったチョン・ヘジョンが酔っ払ってうさぎのマネをすると、飲み会は終わった。

キム・ファンドンは、アン・ジンジュに家まで送ると言ったが、ソン・ボムスは彼の行動が気に食わなかった。アン・ジンジュはキム・ファンドンと一緒に家に帰りかけたが、酔っ払ったチョン・ヘジョンとばったり会い、1人で後退りしてしまった。その時、ジンジュはボムスと出会った。

結局、一緒に歩くことになった2人は仕事の話をした。ソン・ボムスは「これも解決してほしいです。作家さんのことが好きな僕の気持ち」と、率直かつ淡々と告白した。

写真=JTBC「メロが体質」画面キャプチャー

記者 : チェ・ユジン