IZ*ONE&NCT&ITZYら出演「アイドル陸上大会」予想外の結果からまさかのアクシデントまで…

TVREPORT |

写真=MBC「アイドル陸上大会」放送画面キャプチャー
10周年を迎えた「アイドルスター選手権大会」がより豊かなゲームで視聴者を楽しませた。予測不可能な戦いや、新たな強者出現でもみ処であった。

韓国で12日に放送されたMBC「2019 秋夕(チュソク:韓国のお盆)特集アイドルスター選手権大会」では、10周年を迎え、陸上、アーチェリー、ペナルティキック、シルム(韓国の伝統相撲)、投球、また新設競技であるEスポーツ「バトルグラウンド・モバイル」や、番外競技の「ぼっーとする大会」など、様々な対決が繰り広げられた。

NCT 127のマークとITZYのイェジが選手代表で宣誓をした。二人は「最後まであきらめず、お互い協力し、正直な汗を流す」と約束した。そして、選手たちの士気を高めるためにUVが祝賀ステージを披露し、会場は熱気に包まれた。

まず、60m陸上大会が行われた。女子決勝戦には、HOLICS ヨンジョン、宇宙少女 ヨルム、今月の少女 イヴ、Cherry Bullet ジウォン、DREAMCATCHERのユヒョン、公園少女のレナが出場した。予選から注目の成績を残したHOLICS ヨンジョンが、ライバルを大きく先越し、金メダルの主人公になった。宇宙少女 ヨルムと今月の少女 イヴがそれぞれ銀メダルと銅メダルを手に入れた。

男子決勝戦では、GREAT GUYS ファルチャン、NOIR ナム・ユンソン、Golden Child イ・ジャンジュン、AB6IX チョン・ウン、Stray Kids バンチャン、Golden ChildのYが出場した。全員7秒台の成績を記録した彼らは、決勝戦前から熾烈な勝負を予告した。熾烈な接戦の末に、GREAT GUYS ファルチャンが7.39秒を記録し、金メダルを獲得した。NOIRのナム・ユンソン、Golden Childのイ・ジャンジュンが銀メダルと銅メダルを獲得した。

3年ぶりに再会されたシルム試合では、ASTRO ムンビン&ラキ&ジンジン、AB6IX イム・ヨンミン&キム・ドンヒョン&チョン・ウンが決勝戦で対決した。決勝戦の第1試合でジンジンとイム・ヨンミンはほぼ同時に倒れ、審判までをも困惑させた。ビデオ判定までしたが、なかなか勝負が確認できなかった。結局、ジンジンの肩が間髪の差で先に地面に着いたことが確認され、イム・ヨンミンが勝利を手にした。

第2試合ではラキとキム・ドンヒョンが対決した。ラキは外掛けと腰なげを使い、一瞬で試合を終えた。これで1対1の互角の試合となった。第3試合はムン・ビンとチョン・ウンが顔を合わせた。二人ともチームの勝利のために一歩も譲れない状況で、ゲームが始まるとムンビンはチョン・ウンを持ち上げ、一瞬にしてゲームを終えた。結果、ASTROがシルムで勝利して、横綱チームとなった。

女子アーチェリーはOH MY GIRLと宇宙少女が4強戦最初の試合を行った。宇宙少女がリードする中、EXYが弓づるを外すミスをして、OH MY GIRLにチャンス訪れた。しかし、OH MY GILRのヒョジョンが実力を発揮できなかった。ビニまでも0点をとるミスをしてしまい、結局、宇宙少女が決勝戦に進出した。前回の大会で銀メダルを獲得したTWICEはツウィ&ダヒョン&チェヨンが、LOVELYZはイ・ミジュ&Kei&チョン・イェインがアーチェリー対決を繰り広げた。彼らは熾烈な接戦の末にLOVELYZが2点差で勝ち、決勝に進出した。

男子アーチェリーはStray KidsとTHE BOYZが両者互角の接戦を見せたが、Stray Kidsのフェリックスが10点を打ち、決勝進出を決めた。NCT 127とPENTAGONの対決では、PENTAGONの優位が占われたが、キノのミスでNCT 127に逆転のチャンスが与えられた。結局、NCT 127が逆転に成功して、最後の一発を残し、ジャニーが9点を射止めた。ホンソクが10点を獲得すれば再対決が行われるチャンスとなったが、残念ながら9点にとどまり、NCT 127が決勝戦に進出した。

10周年を迎え、新しく新設されたEスポーツ「バトルグラウンド・モバイル」では、FTISLANDのイ・ホンギとApinkのオ・ハヨン、ラッパーのDinDinと解説委員チョン・ヨンジュンが進行を務めた。「サバイバルシューティングゲーム」であるだけに、相手をよりたくさん倒す選手より、最後まで生き残る選手が勝利するルールで、52人の選手が挑戦した。強力な優勝候補だったNCT DREAM チョンロは6人を倒し、活躍したが、SF9のダウォンに不意打ち攻撃を受けた。ダウォンはVAVのロウと最後まで残ったが、残念ながら先制攻撃を仕掛けたロウに破れ。VAVのロウが個人戦の金メダルに輝いた。

陸上の花、400mリレーの予選も行われた。女子の部ではDREAMCATCHER、IZ*ONE、宇宙少女、MOMOLANDが、男子部試合ではTHE BOYZ、ASTRO、Golden Child、Stray Kidsが決勝戦のチケットを手に入れた。決勝戦は9月13日に韓国で放送される「アイドルスター選手権大会」で確認することができる。

記者 : チョ・ヘリョン