「悪魔が君の名前を呼ぶ時」チョン・ギョンホ、イ・エルの解雇に反対“君がここを作ったのに…”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「悪魔が君の名前を呼ぶ時」放送画面キャプチャー
「悪魔が君の名前を呼ぶ時」でイ・エルが解雇され、チョン・ギョンホが怒りをぶつけた。

12日に韓国で放送されたtvN水木ドラマ「悪魔が君の名前を呼ぶ時」で、ハリプ(チョン・ギョンホ)は、イギョン(イ・ソル)が魂を失って豹変した姿に困惑した。ハリプは「もう僕の魂はどこに行くのだろう。このまま死ぬまで魂を持っていることが、自分に何の意味があるのか」と悩んだ。モ・テガン(パク・ソンウン)も「悪魔は嘘をつく」と言うカン課長(ユン・ギョンホ)の言葉を思い出した。

ハリプはチ・ソヨン(イ・エル)を解雇したイ・チュンリョル(キム・ヒョンムク)に怒りを表した。イ・チュンリョルはハリプの怒りにも負けず、むしろハリプを刺激した。続いてハリプをその場から追い出そうとして、チ・ソヨンは「私は自分の足で出ていく」言い、自分の持ち株を早く買収してほしいと言った。ハリプは「君がここを作ったのに、どうして君が出ていくのか」と、チ・ソヨンの代わりに怒鳴った。

外に出たハリプは、チ・ソヨンに状況を説明した。チ・ソヨンは「皆知っていた。私をクビにするとは本当に思っていなかった」とあきれた様子だった。

「悪魔が君の名前を呼ぶ時」は、悪魔に魂を売ったスター作曲家ハリプが契約終了を控えて、人生をかけた一世一代のゲームを繰り広げる魂担保コミカルファンタジーを描いたドラマだ。

記者 : キム・スヒョン