RAIN&元SISTAR ソユ、コラボ曲「始めようか、私」レコーディング風景を公開

OSEN |

写真=STARSHIPエンターテインメント
RAINと元SISTAR ソユがコラボ曲「始めようか、私」のレコーディング風景を公開した。

STARSHIPエンターテインメントは9日午後、公式SNSチャンネルに「THE LOVE OF AUTUMN『始めようか、私』」のレコーディングスタジオの写真を公開した。

公開された画像ではRAINとソユが真剣な表情でレコーディングを行っている。RAINはカジュアルな衣装で輝くビジュアルを誇り、ソユは目を閉じて明るい笑顔で歌を歌う姿を見せた。レコーディングに没頭している二人の姿は、これから披露する新曲への期待をより一層高めた。

飲料ブランドペプシとSTARSHIPが行う「K-POPコラボプロジェクト」ではこれまでVIXXのラビとホンビン、GFRINEDのウナ、MONSTA Xのヒョンウォン、Wanna One出身オン・ソンウなど、人気アーティストらが大勢参加し、話題となった。

今回同プロジェクトに合流したRAINとソユは最近、新曲「始めようか、私」の「COMING SOON」映像を公開して、音楽ファンから注目を集めている。

さらにRAINは、ユニークなパフォーマンスが加えられた強烈な音楽から柔らかい感性までこなす、名実ともに韓国最高のアーティストとなり、ソユはチョンギゴと「Some」、MAD CLOWNと「Stupid in Love」、10CMのクォン・ジョンヨルと「肩(Lean On Me)」、EXOベクヒョンと「RAIN」など、多数のアーティストとのコラボで音楽ランキングで1位を総なめにし、コラボの女神として存在感を発揮しただけに、新しく始まるコラボへの関心も高まっている。

RAINは2002年、「悪い男」でソロ歌手としてにデビューを果たし、「It's Raining」 「太陽を避ける方法」 「It's Raining」「RAINISM」「LOVE SONG」「LA SONG」など多数のヒット曲をリリースし、韓国最高のスターになった。また、ドラマ「サンドゥ、学校へ行こう!」「フルハウス」「このろくでなしの愛」、映画「サイボーグでも大丈夫」「ニンジャ・アサシン」などに出演し、最近ではMBCドラマ「 Welcome 2 Life」で熱演を披露するなど、俳優としても精力的に活動している。

2010年にガールズグループSISTARのメンバーとしてデビューしたソユは、「Loving U」「Touch My Body」「SHAKE IT」などを発売し、K-POPを代表するトップガールズグループになり、2017年に初のソロアルバムのタイトル曲「The Night」をはじめ、「All Night」などを発売し、ソロアーティストとして地位を固めた。それだけでなく、各ドラマやOST(劇中歌)、バラエティ番組などあらゆる分野で活躍する多才なアーティストとなった。

RAINとソユが披露する「K-POPコラボプロジェクト:THE LOVE OF AUTUMN『始めようか、私』」は9月16日午後6時に各音楽配信サイトを通じて発売される。

記者 : カン・ソジョン